支払い遅れ・滞納

家賃が払えない時、大家さんが来たり鍵がかけられるってマジ?強制退去を回避する方法も解説

「今月給与が少なくて家賃の支払いができない…」「思わぬ出費で生活費を工面するのがやっと…」収入面のトラブルで不意に家賃の支払いが難しくなるケースが多分にあります。

しかし家賃が支払えなかった場合、強制退去となってしまうのでしょうか。どれだけの猶予が住居者には残されているのでしょうか…

この記事では家賃が支払えなかった場合の対策方法と強制退去を回避する方法を解説しています。

家賃の支払いでお困りの方はぜひ参考にしてください。

家賃が支払えなかった場合すぐに強制退去は言い渡されない!


家賃を1か月支払えないからといって強制退去を言い渡されることはまずあり得ません。

1か月程度であればよくある話であり、今まできちんと家賃を支払い、かつ支払う意思があるのであれば貸主も強く言うことはないでしょう。

滞納が2か月、3か月と経ってしまうと話は変わります。

さすがに貸主も2か月以上の滞納は見過ごせませんので督促の連絡も頻繁になりますし、あたりも強くなってしまいます。

できるだけ遅延を1か月程度に抑え、すぐに支払うように努力をすることが肝心です。

督促の連絡や支払いに応じていれば強制退去はできない

督促の連絡にしっかりと答え、満額とは言わずとも少しでもお金を支払っているのであれば余程の長期間でない限りは支払う意思があるとみなされ、強制退去を言い渡すことは難しくなるのです。

とはいえ、「連絡も応じているし少しはお金を入れているから安心」とあぐらをかいていてはいけません。

物事には限度がありますので、あまりにも長期化、およそ半年以上の滞納を境に支払う意思が明確であったとしても退去を言い渡される可能性はあります。

滞納した家賃を支払う意思を示すのは立派なことですが、きちんと行動して支払うことが大切なのです。

3か月以上家賃を滞納した場合、強制退去の可能性がある

3か月以上督促の連絡に応じなかった場合、裁判所を通じて強制退去の通知が送られてくる可能性があります。

こうなってしまった以上今まで滞納していた家賃を一括で支払わない限りは退去は否めないでしょう。

3か月も貸主からの連絡に応じない場合はほぼ確信犯といえますので、それなりの対応をされても文句は言えません。

一括で支払うか退去の準備を進めましょう。

家賃を滞納し続けた場合防犯の意味で施錠はある!


「家賃を滞納していたらある日家のドアノブがロックされていて家に入れなくなっていた。」という話を見たことはないでしょうか。

これは家賃を支払わないことによる貸主の嫌がらせではありません。

住民が失踪している、あるいは事情により家に帰れないでいる際に住民でない誰かが家に不法に住み着くことを防ぐためにドアノブにロックがかけられているのです。

・・・という建前で実質は嫌がらせに近いものがあります。

家賃を支払い、貸主や保証会社に連絡すればすぐにロックは解除してもらえます。

鍵を無断で変えてしまうと法律に触れてしまう危険性があるため、苦肉の策としてのドアノブのロック施錠となります。

事情がないのであれば、そもそも連絡もせずに家賃を滞納していることが問題です。

貸主への連絡はかならず行いましょう。

事情があって待ってほしいのに待ってもらえず鍵をロックされた場合は、最悪、警察に事情を説明して間に入ってもらうという使い方も良いでしょう

警察は何も犯罪が起きた時だけに登場するわけではありません。

家賃や様々なトラブルは民事不介入と言われることもありますが、その現象によって部屋を借りていた人の体や生命・財産に危険が及んでいる、借りている人の日常の生活の平穏に差し障りがある場合には、また別問題です。

赤字家さんば
赤字家さんば
何事も言い方とか見せ方の問題や!

家賃が支払えない場合のお金の借入方法


お金を工面できず家賃が支払えなかった場合、どうにかお金を借り入れるしか方法がなくなる場合があります。

その際に身内や友人から借りるとトラブルの原因ともなりますのでできるだけ避けたいですよね。

お金を周りの人から借りない方法を解説していきますので、お金の工面で悩んでいる方は参考にしてください。

借金を合法的に減額できる債務整理について!

まずは公的機関からお金を借りる

支給されるまでに数週間かかることがネックですが、役所などで給付してもらえる国からの支援金を活用しましょう。

銀行や消費者金融で借り入れるよりも利子は低く、さらに猶予期間もあるため余裕をもって返済できます。

仕事を失い家賃の支払いは厳しい方には住宅確保給付金、そうでない事情の方には緊急小口資金などの生活福祉資金貸付制度が多数あります。

急ぎで用意する必要がなければ、国からの支援を頼った方がベストです。

ぜひ活用しましょう。

どうしようもない場合は大家さんアタックも

不動産会社や仲介会社、保証会社などではなく、大家さんやオーナーさんに直接アタックするというのは一つの交渉材料になるでしょう。

というのも、鍵をかけたり酷いことをしてくるのは往々にして大家さんではないケースがあります。

事情を説明してわかってもらえないとか、電話しているのにもかかわらず大勢で高圧的な態度に出てくるのはだいたい大家さんから物件の管理を任されている会社の方なので、ここを通り越して直接オーナーに連絡をすることで何か打開案が出てくるケースもあります。

ただしこれは明らかにルール違反なので最終兵器として使うようにしましょう。

まとめ


家賃を1か月滞納したからといってすぐに強制退去になることはあり得ません。

3か月以上貸主に対して連絡もせず家賃の支払いもなかった場合に強制退去を言い渡される可能性があります。

貸主と密に連絡を交わし、いつ支払うのか支払いスケジュールを明確にすれば何ら問題ありません。

督促の連絡を無視することが一番の問題です。

家賃の支払いでお金を借りる際はまず公的機関から借りるようにしましょう。

返済猶予もあり、利子もほぼ0に近いので損するケースはほぼありません。

家賃は計画的に、貸主と連絡を取りながら支払いを行っていきましょう。

もしも家賃を払うために闇金からお金を借りてしまった場合は、以下の記事を確認してください。

【緊急公開】まだ闇金に取り立てられとんか?手持ち0円で督促を最短即日停止する方法闇金の取り立てが厳しい、辛い…。あなたはまだ闇金の取り立てに悩んでいませんか。実は信じられないかもしれませんが、闇金問題はプロが入ることで最短即日での解決が可能です。手持ち0円でも取り立てを停める方法を緊急公開します!...

\債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所選/

1.平栁司法書士事務所

【東京で人気の司法書士事務所】

平栁司法書士事務所は任意整理と闇金対応を得意とした司法書士事務所です。
費用も業界最安値レベルで口コミ評判も高いのでオススメです。

費用 《任意整理》
費用:一件あたり4万円(税別)
《闇金対応》
費用:一件あたり4万円(税別)
所在地 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5丁目21-6 山本ビル3F
営業時間 24時間365日無料相談受付

※メールだけでも相談可能です

 

2.東京ロータス法律事務所

【債務整理の身近な窓口】

東京ロータス法律事務所は任意整理だけでなく、個人再生や自己破産にも対応している事務所です。
全国で出張面談を実施しているので、どちらにお住まいでも対面での相談が可能です。

費用 《任意整理》
着手金:2万円(税別)
報酬金:2万円(税別)
減額報酬:10%(税別)
過払報酬:20%(税別)
※訴訟の場合25%
その他諸費用:5,000円(税別)
所在地 〒116-0013 東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
営業時間 メール相談は24時間365日受付中

 

3.アストレックス司法書士事務所

【関西圏の方要チェック】

アストレックス司法書士事務所は大阪に所在する借金問題に強い事務所です。
フリーダイヤルでの電話相談は通話料無料なのでおすすめです。

費用 《任意整理》
費用:一件あたり5万円(税別)
所在地 大阪市中央区谷町1-3-18 イディアクロス天満橋ビル4階
営業時間 電話相談:9~21時(平日)、10~18時(土日)

 

おすすめの弁護士・司法書士事務所をもっと見る