借金・支払いトバシ術

電気料金が支払えないときの対処法!送電停止のトバシ方

電気料金を長期にわたり支払えないと、最終的には止まってしまいます。

しかし、これは何としても避けたいもの。

そこでここでは電気料金が支払えない時の対処法や、送電停止という事態のトバシ方についてご紹介していきます。

水道料金を滞納している場合はこちら!

電気料金が支払えないとどうなる?

部屋のドア

毎月結構な金額になるため、他の債権者への支払いなどに追われているとついつい忘れてしまいがちなのが、もしくは払いたくても払えずにトバしてしまいがちなのが電気料金です。

そして電気料金は公共料金ということなので支払いが長期にわたりできなくなると、電気が停止されることになります。

しかし、電気料金が支払えなくなってからいきなり電気がストップするというわけではありません。

そのため、いま「明日電気代が払えないと初めて滞納してしまう・・・!」という方は何の心配もいりません。早めに寝ましょう。

明日の朝、送電停止の中で目覚めるという心配は絶対にありません。

ただし、これが滞納3ヶ月目くらいになってくるとちょっと危ない水域に入ってくるので、ここからご紹介する対処法を行っておいた方が良いでしょう。

ちなみに、電気料金が支払えなくなると、以下のような順番でイベントがおきます。

督促状が来る


まず、契約している電力会社から督促状が届くようになります。

ちなみに、一発目の督促状であれば、そこで支払えるならセーフです。基本的には何の問題もありません。

督促状は、支払えないでいるともちろん何通でも届きます。

そして、その後の督促状ですが、あまりにも支払われないと次第に紙の色が黄色になったり封筒が赤色になったりなど、カラフルな督促状になります。

この辺は消費者金融と同じですね。

ちなみにこれは手紙が請求書などに埋もれてしまって見てもらえないのではないか?という電力会社側の配慮という建前にはなっていますが、実際にはこの人は電気料金を滞納しています、という郵便屋さんや近隣住民へのアピールのような意味合いもありそうです。

とりあえず、

  • 送電お断りの通知
  • 送電停止の最終通告

このような内容で手紙が届いていないのであれば、まだセーフです。

ただ上記のような文言が入った通知書が届いた場合は、いよいよ連中が本気になったことを意味します。

そろそろ、本気でいつ電気が停止されてもおかしくない水準に入ってきます。

親切な電力会社の場合は、送電停止の日時を予告してくれるケースもありますが、基本的にはその手紙が届いた段階でいつ止まってもおかしくはありません。

ただし、特例があります。

基本的に全国各地の主力の電力会社は、人道的配慮から早朝及び深夜の時間帯に送電停止をすることはほとんどありません。

また、土日祝日についても電気が停止されないという経験談も全国的に多く、そのためあくまでもケースバイケースにはなりますが毎週金曜日の18時以降から、翌月曜日の早朝までは電気料金が支払えていなくても、基本的には心配はありません。

ただし、何度も滞納を繰り返していたり、過去に送電停止の経験がある場合にはその限りではありません。

こちらは個別の対応ということになりますので、遠隔でいきなり電気を止められても文句は言えないというわけです。

送電停止


おおよそ2ヶ月から3ヶ月程度連続して滞納してさらに一部でも支払いがない場合、送電停止になる可能性が極めて高くなります。

送電停止となると、基本的にどの電化製品も当然ながら使えなくなります。

電話機は一部の古い機種であれば電話線から電力をもらって通話だけ可能なケースもありますが、基本的には停電状態となります。

ちなみに、

  • 電力で水道の水を引っ張ってくるタイプの家庭
  • 電力でトイレの水を流しているような家庭

このような家庭では、水道関係のライフラインも同時に使用不能となります。注意しておきましょう。

強制解約


送電停止からしばらくの期間が経過しても支払いが行われない場合、電力会社との契約そのものが解除になるケースもあります。

送電停止と契約解除が同時に行われるケースは稀ですが、場合によっては悪質と判断された場合などに限って送電停止と契約解除が同時に行われるケースもあります。

こうなると電気料金を支払っても電気が復活することはまずありませんので、別の方法を考えていかなければならないでしょう。

ちなみに、電力自由化となりましたので強制解約や送電停止状態になったら電力会社を引っ越せばいいじゃないか!と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、世の中そんなに甘くありません。

電気料金の支払いが滞納していると電力会社の引っ越しができないケースもあります。

平栁司法書士事務所_借入減額チェッカー

【悪用厳禁】送電停止のトバシ方

help

結論から言ってしまうと、送電停止を飛ばすには、まず送電停止期日を飛ばすという必要性があります。

どのように飛ばすかというと、直談判です。人間何事も直談判には弱いもので、

  • 支払いの意思がある
  • 今は様々な事情があって支払いができない
  • お金が入る予定があるから、入った時には必ず支払う

ということを直談判すれば、インフラということもあり基本的には送電停止を免れられるチャンスがあります。

ただし、対応は電力会社によってケースバイケース。

さらに過去に送電停止の履歴があったり滞納が続いている場合などは、話を聞いてもらえない可能性もあります。

基本的に初めて電気料金が支払えていない、という状況であれば、直談判で大体なんとかなるので、まずトライしてみましょう。

まとめ

初めて電気料金が支払えないのなら、特に慌てる必要はありません。

お金ができたら払いましょう。

ただし2ヶ月目、3ヶ月目くらいに入ってくるとノーアクションで送電停止回避を行うのはほぼ不可能です。

直談判をすることにより若干ではありますが、期間が延びる可能性があります。

まずは何事も交渉が大事です。交渉して期限を飛ばしていきましょう。

最後に、電気料金含め様々な支払いができない場合は債務整理を検討するのも手です。

債務整理を行えば借金を減らすことができる+督促が止まるので、一般的な生活を取り戻すことができます。

債務整理について詳しく知りたい方は以下の記事に目を通してみてください。

【元借金持ちが厳選】債務整理おすすめ事務所10選!弁護士・司法書士費用を比較相当な知識がない限り、債務整理を自分一人で行うのは困難です。困ったときは専門家に相談をしましょう。債務整理のパートナーとしてオススメできる【魂の弁護士・司法書士事務所】をご紹介します。また、債務整理でどれだけ楽になれるかもお伝えします。...

\債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所選/

1.平柳司法書士事務所

平柳司法書士事務所_債務整理ページ
【東京で人気の司法書士事務所】

平柳司法書士事務所は任意整理と闇金対応を得意とした司法書士事務所です。
費用も業界最安値レベルで口コミ評判も高いのでオススメです。

費用 《任意整理》
費用:一件あたり4万4,000円(税込)
《闇金対応》
費用:一件あたり4万4,000円(税込)
所在地 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5丁目21-6 山本ビル3F
営業時間 24時間365日無料相談受付

※メールだけでも相談可能です

 

2.東京ロータス法律事務所

【債務整理の身近な窓口】

東京ロータス法律事務所は任意整理だけでなく、個人再生や自己破産にも対応している事務所です。
全国で出張面談を実施しているので、どちらにお住まいでも対面での相談が可能です。

費用 《任意整理》
着手金:2万2,000円(税込)
報酬金:2万2,000円(税込)
減額報酬:11%(税込)
過払報酬:22%(税込)
※訴訟の場合27.4%
その他諸費用:5,500円(税込)
所在地 〒116-0013 東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
営業時間 メール相談は24時間365日受付中


3.アストレックス司法書士事務所

【関西圏の方要チェック】

アストレックス司法書士事務所は大阪に所在する借金問題に強い事務所です。
フリーダイヤルでの電話相談は通話料無料なのでおすすめです。

費用 《任意整理》
費用:一件あたり5万5,000円(税込)
所在地 大阪市中央区谷町1-3-18 イディアクロス天満橋ビル4階
営業時間 電話相談:9~21時(平日)、10~18時(土日)

 

おすすめの弁護士・司法書士事務所をもっと見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

毎月の返済額、借金の総額
減らしたいと思わへんか??
借金に困ってるんやったら
極秘情報を教えたるがな!!
close
赤字家さんば