債務者役立ち情報

LINEポケットマネー滞納に潜むリスク|借金が払えない時は専門家に相談を!

LINEポケットマネー滞納に潜むリスク|借金が払えない時は専門家に相談を!

LINEポケットマネーを利用している人の中で、支払いを滞納しかけている、もしくは既に滞納している人はいませんか?

LINEポケットマネーは、モバイルメッセンジャーアプリ『LINE』のサービスの1つで、必要な時にお金を借り入れできる貸金サービスになります。

貸金業法にのっとってお金を貸してくれますが、支払いを滞納するとどうなるか気になるところですよね。

ただ結論を言うと、LINEポケットマネーで借金を滞納する際にはリスクがついてきます。

赤字家さんば
赤字家さんば
普段使っているLINEとはいえ、油断は禁物やで。

そこで本記事では、LINEポケットマネーで作った借金を滞納した際のリスクや問題点を解説していきます。

本記事の最後には、どうしても借金が返済できない人に向けた対処法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事はこんな人にオススメ!
  • LINEポケットマネーを滞納している人
  • LINEポケットマネーを滞納しかけている人
  • LINEポケットマネーのリスクを知りたい人
  • LINEポケットマネーでお金を借りたい人

LINEポケットマネー滞納に潜むリスクについて

LINEポケットマネー滞納に潜むリスクについて

LINEポケットマネーの借金を滞納してしまうと、さまざまなリスクが発生してしまいます。

支払い滞納期間によって発生するリスクが異なり、期間が長引くほど危険性が強まっていくので注意が必要です。

赤字家さんば
赤字家さんば
発生するリスクを、以下に滞納期間別でまとめてみたで。
支払い滞納期間 発生するリスク
1日〜3日 ・LINEポケットマネーが使用できなくなる
・遅延損害金が発生する
3日〜1カ月 ・債権譲渡によって債権回収業者から催促の連絡や催促状がくる
1カ月〜3カ月 ・ブラックリストに入ってしまう
3カ月〜6カ月 ・支払催促状が届いて一括請求を要求される
・強制執行による差し押さえが発生する

LINEポケットマネーの支払いは、滞納する期間が伸びれば伸びるほど危険度が増していきます。

延滞すればするほど、生活に支障をきたす可能性がありますので、少しでも返済できるのであれば早めに支払うようにしましょう。

LINEポケットマネーからの督促を止めたいならここに無料相談!!

LINEポケットマネーの支払いを滞納した際に起こる問題点

LINEポケットマネーの支払いを滞納した際に起こる問題点

ここまでLINEポケットマネー滞納におけるリスクを紹介していきました。

次に、LINEポケットマネーの支払いを滞納した際に起きる問題点を紹介していきます。

先述したリスクをまとめると、以下の通りです。

  • LINEポケットマネーが利用できなくなる
  • 損害遅延金が発生する
  • 『債権譲渡』によって業者から催促の連絡や催促状がくる
  • ブラックリストに入ってしまう
  • 支払催促状が届いて一括請求を要求される
  • 差し押さえが発生する可能性が出てくる
赤字家さんば
赤字家さんば
順番に解説していくさかい、どんな危険があるかしっかりと理解していくんやで!

LINEポケットマネーが利用できなくなる

もしLINEポケットマネーにて借金を滞納してしまった際には、次の日からポケットマネーが利用できなくなります。

例えば先週は利用できていたLINEポケットマネーは利用できていたけど、支払日をすぎてしまった次の日からは使用できなくなるのです。

ただ支払い日をすぎても滞納してしまったお金を返済すれば、新たに利用可能となります。

なのでもし返済ができる状態なのであれば、早めに返済をするようにしましょう。

損害遅延金が発生する

損害遅延金が発生する

返済日が過ぎてしまうと、滞納した借金に加えて損害遅延金が発生してしまうので注意しましょう。

損害遅延金とは、借金などの支払いが遅れた時に発生する利息を意味しており、引き落とし日から支払い完了日までの日数によって金額が変化します。

計算式を示すと、以下の通りです。

遅延損害金 = 借りたお金(元金) × 遅延損害金利率 ÷ 365(日) × 延滞日数

赤字家さんば
赤字家さんば
計算式から、延滞日数が伸びれば伸びるほど金額が高くなるのがわかるやろ?
つまり借金の返済を先延ばしにすればするほど、借金額が増えるっちゅうこっちゃ!

もし仮に「支払日を忘れていた!」と言っても、利息は払わなくてはいけません。

なので気づいた時には、早めに支払うようにしていきましょう。

債権譲渡によって業者から催促の連絡や催促状がくる

債権譲渡とは、その名の通り、債権を債権回収業者に譲渡することを意味します。

LINEポケットマネーでは、仮に返済が滞った場合には債権を譲渡することを発表しているのです。

延滞が発生した場合はサービスの利用を停止します。あらかじめご了承ください。
なお、延滞が長期間継続すると債権を譲渡する場合もあります。

引用先:LINEヘルプ

LINE側から直接的な催促の連絡はないものの、債権回収業者から催促の連絡がくるようになります。

また「◯日までに支払いをするようにお願いします」という催促状が届くようになり、執拗に借金の支払いを催促されるのです。

業者によっては毎日のように連絡がくることもあるので、精神的な負担は避けることができないでしょう。

↓口コミ情報によると「JCS:日本債権回収株式会社」から督促状が届くケースもあるようです。

ラインポケットマネーについて。
義理妹が、ラインポケットマネーからお金を借りたようですが、今までに何件も借金があり回りに嘘を言っているのか不明ですが‥

ラインポケットマネーからは借りてないと言い張ってます。
でも委託されたJCSの会社から支払いのハガキが届いてるそうです。

本人は借りてないの一点張り‥
間違ってハガキが送られてくることはあり得るのでしょうか?

これがまれに間違ってたら大問題ですが‥

引用先:Yahoo!知恵袋

ブラックリストに入ってしまう

ブラックリストに入ってしまう

LINEポケットマネーで返済を滞らせていると、信用情報がブラックリストに入ってしまう可能性が出てきます。

ブラックリストに入ってしまうと、約5年〜10年はクレジットカードが作れなくなったり、ローンが組めなくなってしまうのです。

赤字家さんば
赤字家さんば
ちなみによく聞く『ブラックリスト』って言うのは、現実には存在せんで。
以下の個人信用情報機関のリストに名前が載ってしまうことが、『ブラックリストに載った』っていう意味合いになるんや。
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 指定信用情報機関(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

一度ブラックリストに入ると、信用を取り戻すのはなかなか難しいもの。

今後の生活が一変する可能性もあるので、できるだけ情報が載らないように心がけましょう。

平栁司法書士事務所_借入減額チェッカー

支払催促状が届いて一括請求を要求される

滞納期間が3ヶ月以上になってしまうと、債権譲渡を受けた債権回収業者から支払い催促状が送られてきます。

いわば借金の支払いをしてもらうための最終警告通知で、もし届いたら一括で借金を支払わなくてはいけません。

さらに滞納した借金に加えて損害遅延金もセットで支払う必要があるので、最初の返済金額より上乗せされた金額を払う必要があります。

ただこの時点で弁護士や司法書士に相談をすれば、後述する『差し押さえ』を回避することが可能です。

もし一括請求に応じられるのであれば、早めに支払いを済ませてしまいましょう。

差し押さえが発生する可能性が出てくる

一括請求に応じなかった場合には、最終的に債権回収業者は裁判所に提訴をします。

もし提訴が通ると裁判所から差し押さえの許可がおり、財産の差し押さえが行われてしまうのです。

赤字家さんば
赤字家さんば
ちなみに最初に差し押さえられる財産は、『給料』や『預貯金』や!
そのあとは家にある高価な物を回収されるんやけど、最低限必要やと思われる生活必需品以外は全て回収されるとおもっとったほうがええで。

また差し押さえが行われると、家族や周囲の友人、仲間などにバレてしまうことは必至です。

今まで家族に隠し通していたとしても、差し押さえをされると逃れることはできないので注意しましょう。

どうしても借金が払えない場合は専門家に相談をしよう

どうしても借金が払えない場合は弁護士に相談をしよう

LINEポケットマネーにおける借金を滞納すると、最悪の場合、差し押さえが発生してしまうことがわかりました。

差し押さえが発生してしまうと、裁判所が動き出してしまうので早めに返済をするのが得策です。

ただ中にはどうしてもお金がなく、LINEポケットマネーで借りたお金を返すことができないという人もいるでしょう。

赤字家さんば
赤字家さんば
そんな時は、まず司法書士や弁護士に相談をして債務整理を行っていくんがおすすめやで!

債務整理とは今まで滞納した借金額を減らしたり、返済期間に猶予を持たせたりすることで借金の負担を減らすための手続きです。

債務整理は以下の3種類から成り立ち、自身のお財布事情によって最適な手続きが変化します。

  • 任意整理・・・お金を貸してくれる会社と直接話し合いをして、最適な支払いプランを立てるための手続き。支払いの利息をなくしてくれる。
  • 個人再生・・・借金の返済が難しいことを裁判所に申し立てて、3〜5年ほどで借金を返済していくための手続き。
  • 自己破産・・・裁判所に申し立てをすることで借金をゼロにしてもらうための手続き。ただし高価な財産や資産を手放さなくてはいけない。

債務整理は自分自身で手続きを進めることもできますが、債権者に対して直接交渉をしなくてはいけません。

しかし司法書士や弁護士にお願いすれば、債権者に対して直接交渉をしてくれるだけでなく、無理のない返済プランを提案してくれます。

事務所によっては無料相談をすることもできるので、まずは無料で相談をしていき、自分に最適な債務整理を決めるところから始めていきましょう。

赤字家さんば
赤字家さんば
借金のプロに相談したいなら「平柳司法書士事務所」が評判ええで!下から口コミ評判を覗いてみたらええわ!
平柳司法書士事務所の口コミ・評判を見る

まとめ

LINEポケットマネーで借金を滞納した際の問題点について解説しつつ、正しい対処法について解説していきました。

『LINE』が大手のアプリということで油断しがちですが、LINEポケットマネーはお金の借り入れができるので、いわば一般的な貸金業者と同じです。

決して油断せず、少しでも返済できるお金があるなら返済を検討していきましょう。

もしLINEポケットマネーへの返済が難しい場合は、司法書士や弁護士に相談するのがオススメです。

債務整理についての詳しい解説や、おすすめの相談先は下のボタンから見ることができますので、ぜひ一度目を通してみてくださいね。

赤字家さんば
赤字家さんば
知らんと思うけど、債務整理の中にも色んな種類があって、例えば「任意整理」なら家や車を没収されずに借金を減らせるんやで!意外と悪ないやろ?
\今すぐ無料相談や!/
※メールだけでも相談できます

\債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所選/

1.平柳司法書士事務所

平柳司法書士事務所_債務整理ページ
【全国的に人気の司法書士!!】

平柳司法書士事務所は債務整理と闇金対応を得意とした司法書士事務所です。
費用も業界最安値レベルで口コミ評判も高いのでオススメ!また、24時間365日無料相談を受け付けているので気軽に相談できます。

費用 《任意整理》
費用:一件あたり4万4,000円(税込)
《闇金対応》
費用:一件あたり4万4,000円(税込)
所在地 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5丁目21-6 山本ビル3F
営業時間 24時間365日無料相談受付

※LINEで相談可能です

 

2.司法書士エストリーガルオフィス

【1件から任意整理可能!!!】

司法書士エストリーガルオフィスは、たった1件からでも任意整理できる事務所です。
全国対応の無料ダイヤルやオンライン無料相談があり、気軽に相談することができます。

費用 《任意整理》
債権者2件まで:一件あたり3万3,000円(税込)
債権者3件以降:一件あたり2万2,000円(税込)
過払い成功報酬:22%(税込)
事務手数料:一律9万9,000円(税込)
所在地 〒116-0013 〒107-0052 東京都港区赤坂7-2-21 草月会館7階
営業時間 電話:9:30〜21:00(平日)
メール:24時間受付


3.アヴァンス法務事務所

【過払い金請求も対応!!】

アヴァンス法律事務所では認定司法書士が借金の悩みの対応をしています。
「実は払い過ぎていた」過払い金請求もしてくれるので、お金が戻ってくることも期待できます。また、任意整理の他に個人再生、自己破産も対応しています。

費用 《任意整理》
着手金:一件あたり4万4,000円(税込)
減額報酬:0円
※別途、事務手数料等が必要
《個人再生》
着手金:36万3,000円(税込)
※別途、予納金、申立印紙代等の実費が4万円程度
《自己破産》
着手金:22万円(税込)
成功報酬:7万7,000円(税込)
※別途、予納金、申立印紙代等の実費が4万円程度
所在地 〒541-0041 大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F
営業時間 電話:9:30〜21:00(平日)/9:30〜19:00(土日祝)
メール:24時間受付

 

おすすめの弁護士・司法書士事務所をもっと見る

毎月の返済額、借金の総額
減らしたいと思わへんか??
借金に困ってるんやったら
極秘情報を教えたるがな!!
close
赤字家さんば