FXサイト

エクシア合同会社はポンジスキーム会社?騒動解説+被害者が取れる行動まとめ

エクシア合同会社はポンジスキーム会社?騒動解説+被害者が取れる行動まとめ

最近、投資家界隈でポンジではないか?との話題で持ちきりなのがエクシア合同会社です。

エクシア合同会社は元々FXの証拠金取引業者であり、界隈でもトップクラスの収益を上げていましたが、最近はポンジスキームを行っているのではないかという噂が流れています。

ポンジスキームですが、一言で言うと「投資をしてもらって儲けることを約束しつつ、実際には運用実態がなく単に資金を巡らせている」というものです。

騙して儲けるため、最初は出金に応じてくれるものの、投資額が増えると出金をしなくなり、その後は連絡もつかなくなってしまいます。

そこで今回はエクシアとポンジスキームの関係について解説し、一般的なポンジスキームの詐欺被害に遭われた方へ向けて被害者の方が取りうる行動についてご紹介していきます。

さんば
さんば
詐欺に強い弁護士選びで悩み中なら、下のボタンから飛ぶと良い弁護士が見つかるで!
\初回相談料が無料!/

【そもそも】エクシアとは?

【そもそも】エクシアとは?

そもそもエクシアとはどのような会社なのでしょう。基本情報を以下に掲載します。

会社名 エクシア合同会社(EXIA LLC)
※エクシア合同会社より改名済み
設立 2015年4月
代表 菊地翔(通称かけるん)
住所 〒106-6215 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー15階
出資形態 合同会社による社員権販売
募集 社員による自己募集

エクシア合同会社は以前、エクシアジャパン合同会社という組織名でした。しかし最近になってエクシア合同会社へ改名しています。

よってエクシア合同会社もエクシアジャパン合同会社も同一の事業体であることが分かります。

元々FX運用の会社

エクシアは元々、FXの取引における運用益を会社の主な歳入として扱う会社であったことが分かっています。

またFX取引を行うにおいて出資を集める必要がありましたが、その出資を集めるために「社員権募集スキーム」を利用することで法的に問題のない形でお金を集めていたと考えられます。

さんば
さんば
これはアレやな。FXに突っ込む金が欲しいからFX代出資して~な!言うたら色々法律的にアウトやからな。社員権っちゅ~形にしたんやろ。

高額配当を約束していた

エクシアに出資した人は、基本的に元の平均利回りで30%から40%という超高額配当を約束されていた方ばかりです。しかしこれは1000万投資していれば年間300万儲かるという、極めて高い水準の金利となります。

闇瀬古
闇瀬古
そんなめちゃくちゃな利率ってありまんの?
さんば
さんば
ないことは確かにないと思うで。商売で一発当てたらROI(※)言うて投資効率としてかなりの数字が出ることもあるやろ。単純に言うたらウマ娘なんて事業投資に対してどれだけリターンが来とるかっちゅう話やでホンマ。

※ROI=投資収益率や投資利益率とも呼ばれる数値で、投資に対してどれだけの利益が出たかがわかる数値。

・・・なおこの年間利回り30%オーバーという数字は極めて現実離れしている金額・金利と言って差し支えありません。

なぜなら投資の神様として全世界から注目されているあのウォーレンバフェットでさえも、年間の平均利回りは20%です。

「ウォーレンバフェットレベルになって、ようやく年間平均利回り20%超え」と考えると、この数値は極めて常人離れしている数値といってよいでしょう。

さんば
さんば
超人離れ言うか、現実味がないねんな。

現在出金不能?

さて本記事執筆段階において、エクシアは現在お金を引き出す出金申請に制限をかけています。

具体的には月初にある程度の返金・出金を受け付けているものの、すぐにその枠が埋まり、また次月になってから改めて返金を申し込まなければならないような状況となっています。

これは会社の資金状態が極めて悪化していることを意味します。ポンジスキームでよくある頭打ちからの資金難の状態と言ってよいでしょう。

エクシアがポンジと騒がれる様になった発端

エクシアがポンジと騒がれる様になった発端

ところでエクシアは元々、ポンジスキームとは無縁の企業であると考える方も多く、ポンジスキームと騒がれるようになった昨今でもまだエクシアを信用している人もいらっしゃいます。

それではエクシアがポンジだと騒がれるようになった発端はどこにあるのでしょう。詳しく解説していきます。

きっかけは副社長の暴露

きっかけはエクシアの副社長であるとある人物の暴露または告発になります。

さんば
さんば
あれは暴露やろ。ガーシーに触発されとる。
闇瀬古
闇瀬古
まあガーシーの名言言うてはりましたからね

・・・きっかけは2022年5月26日から続けざまに投稿された、エクシア元副社長である伊藤大輔さんのエクシア合同会社に関する暴露でした。

この中で伊藤元副社長はエクシア代表の菊池翔氏について、または会社のスキーム全体について内部事情を含め詳細な暴露を行っています。

相当な覚悟を持って暴露をしたと考えられます。

暴露によってポンジであることが判明

この伊藤元副社長の暴露によって、エクシアは最終的にポンジを行っていたことが判明します。

具体的には「もともとエクシアはFXの運用を行い、本当に出資者に対して配当を出そうとしていたと思っていた」と同氏は一連の暴露ツイートの中で振り返ります。

しかし代表者が出資金をどんどん運用によって溶かしていき、最終的には「どれだけお金があれば利益ゼロでも配当を出して事業体としてやっていけるか」という計算ばかりしていたという情報もあります。

ネットの反応

これに関するネット上の反応は以下の通りです。

闇瀬古
闇瀬古
めちゃ言われてるやん。

エクシアからお金が入ってこない人の相談先&対処法

エクシアからお金が入ってこない人の相談先&対処法
  • エクシアからお金が入ってこないと困られている方
  • エクシア以外のポンジスキーム会社からお金が入ってこないとお悩みの方

のような方に向けて、ここではポンジ疑惑のある会社からお金が入ってこない人が、どこに相談して対処していけばいいのかについて解説していきます。

警察

まずひとまずは警察に通報・相談しておくのも一つの方法でしょう。

警察としても、被害相談件数が多くなればなるほど事件として立件しやすく、また動きやすくもなります。

この時全国の都道府県警察にまんべんなく情報提供があれば、合同捜査本部が立ち上がるという展開にも期待ができるでしょう。

警察が動いてくれない理由

ところで「ポンジスキーム 詐欺 警察」というキーワードで検索をすると、なかなか警察が動いてくれないという情報にあたることもあります。

これは半分本当です。

というのも警察はそもそも詐欺罪に関する事件の捜査や被害届の受理には消極的だったり、慎重姿勢を崩さなかったりします。

これは日本の警察が詐欺罪に関しては犯意が立証しづらい犯罪であるということを認識していること、またどのような状況下にあっても片方聞きで沙汰をしないという警察の中立性が要因となっています。

こちらに関しては被害申告が多ければ多いほど、事件として動いてくれる可能性が高くなります。

弁護士

弁護士に相談する方法もあります。事実として今回のエクシアに関しては集団訴訟や労働弁護団の結成などの動きがあり、こちらに加わるという方法もあるでしょう。

ただこちらに加わる際には陣頭指揮をとっている弁護士事務所に相談をするか、独自に詐欺被害の回復に強い弁護士事務所に相談するという方法を取る必要があります。

どちらの場合でも、まずは弁護士事務所に相談することとなります。最初から弁護士を探すのがまた時間もリソースも手間もかかる!という方は当サイトでご紹介している、詐欺被害の回復に強い弁護士事務所も検討リストに入れておきましょう。

詐欺返金に強い弁護士はこちら

さんば
さんば
そういえば昔「おじさんが弁護士」みたいなTシャツ流行ったよな。
闇瀬古
闇瀬古
何の話やねん・・・

弁護士だと動けない先生も多い?

とはいえ弁護士の先生によっては対応分野に開きがあることから、地元の弁護士先生に駆け込んだところで対応してもらえないというケースもあります。こちらに関しては注意が必要です。

例えば、離婚専門の弁護士先生にご依頼をしたとしても詐欺案件に関しては専門外なので動きが取りづらいというケースもあるということです。

詐欺返金に強い弁護士はこちら

民間の調査会社

民間の調査会社に依頼してみるという方法もあります。最近出てきた新しい方法です。

民間の調査会社の中でも特に探偵業の届け出を済ませている企業に関しては、警察や弁護士事務所が動けないような細かい部分まで入り込んで独自のネットワークから、訴訟のための情報を集めて来てくれることもあるでしょう。

特に今回のエクシアに関しては配当金・出資金を夜の世界に流していたという情報もあります。こういった部分を調べられるのは民間の調査会社の強いところといえそうです。

港区にある東京中央信用調査は怪しい業者か!?その実態と真相を調査!
港区にある東京中央信用調査は怪しい業者か!?その実態と真相を調査!近年、数ある調査会社の中で注目されているのが『社団法人 東京中央信用調査(TCSC)』です。 数多くの詐欺事件を解決しているといっ...

まとめ

まとめ
今回はエクシア・現在の名称エクシア合同会社に関して分かっている情報をまとめてご紹介してきました。

結論としてポンジスキームを利用している会社であると考えて差し支えはなさそうです。

集団訴訟・民事訴訟も続々と提起されている中、被害に遭われた方は泣き寝入りをせず行動を起こすことが重要と言えるでしょう。

また、当サイトではエクシア以外にも様々なポンジスキームやネット詐欺の被害に遭われた方へ向けて相談しやすい弁護士先生のリストをご紹介しています。

リストに関してはこちらのボタンから確認が可能となっています。是非ご覧ください。

詐欺返金に強い弁護士はこちら

詐欺被害急増中!弁護士があなたのお金を取り返します。
ウイズユー司法書士事務所の基本情報
\初回相談料が無料!/

詐欺返金に強い弁護士はこちら

\ネット詐欺の返金におすすめの相談先3選/

1.弁護士法人 横山法律事務所

横山法律事務所
【詐欺返金に強い弁護士事務所!】

横山法律事務所は国際ロマンス詐欺や投資詐欺の返金対応に強いと評判の法律事務所です。
弁護士が法的に返金請求をしてくれるので、お金を取り戻したい方は相談してみると良いでしょう。

料金 相談料:0円
着手金:3.3%~
成功報酬:3.3%~
対応エリア 全国対応
受付時間 24時間365日
電話番号 フリーダイヤル:0120-553-048

※LINEで相談可能です

2.社団法人 東京中央信用調査(TCSC)

東京中央信用調査
【弁護士に断られた方でも対応可!】

東京中央信用調査は国際ロマンス詐欺師の身元調査を得意とする調査法人です。
デジタルに強い調査員が在籍しているため、銀行口座の情報や仮想通貨のウォレット情報から詐欺師を探し出してくれます。

料金 相談料:無料
調査料金:33,000円〜
対応エリア 全国対応
受付時間 24時間365日
電話番号 フリーダイヤル:0120-230-093

※LINEで相談可能です

3.ウイズユー司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所
【ネット詐欺の経験や実績が豊富!】

ウイズユー司法書士事務所は、架空請求やワンクリック詐欺などのネット詐欺に関する実績が豊富な法律事務所です。
着手金が0円で、費用の後払いや分割払いができるので、まずは一度相談してみることをおすすめします。

料金 着手金:0円
1社あたり55,000円(税込)
※費用の後払い・分割払い可
対応エリア 全国対応
受付時間 24時間365日

詐欺返金に強い弁護士・司法書士を見る