闇金相談

斎藤勝法律事務所の口コミ。所長は弁護士歴50年超の大ベテラン!

斎藤勝法律事務所

何を重視して弁護士を選ぶかは人それぞれです。比較的若くて経験が浅くても、一生懸命に仕事をしてくれそうな人が良い、と思う人もいるでしょう。

一方で、経験豊富なベテランであればあるほど良いと考える人もいるはずです。今回は、弁護士歴50年以上を誇る大ベテランが代表を務める斎藤勝法律事務所について紹介します。

闇金問題(ソフト・LINE闇金を含む)には、民事不介入の原則から警察は動いてくれへん

最も安全に闇金問題を解決するには「闇金に強い弁護士・司法書士への相談」しかあらへん!

弁護士・司法書士を選ぶ際には、下のポイントを確認するのがおすすめやで。

  • 相談費用が0円
  • 解決費用が安く分割払いにも対応
  • 職場バレや家族バレ対策が万全
  • 最短即日対応してくれる
  • 闇金(ソフト/LINE闇金含む)解決実績が豊富

ポイントを満たす司法書士・弁護士事務所は下の3つや!

\【闇金解決に強い】当サイト人気の弁護士・司法書士/

司法書士法人ライタス綜合事務所

①【迷ったらココ】司法書士法人ライタス綜合事務所
→相談無料・最短即日対応・30年以上の豊富な実績など闇金に困ったら最初に相談したい当サイト人気NO.1の司法書士事務所
(相談はこちらをタップ

②イーライフ司法書士法人
→全国対応の無料ダイヤルやオンライン無料相談があり、気軽に相談できる人気事務所

③街の灯法律事務所
→弁護士歴が30年以上あり、闇金対応などの借金問題の経験と実績が豊富な弁護士事務所

\最短即日で返済額を0円に!/
※LINEで気軽に相談できます

赤字家さんば
闇金について今すぐ無料相談を活用したいときはライタス綜合事務所に相談してくれ!無料相談に加えて家族バレや職場バレもせずに安全に闇金を解決できるで!
闇瀬古
闇金を使ったときの対処法やとりあえずの相談先や選び方が知りたいなら、闇金の相談先に関する記事を要チェックやで!

斎藤勝法律事務所とは

斎藤勝法律事務所
事務所名 斎藤勝法律事務所
所在地(住所) 〒162-0822
東京都新宿区下宮比町2-19 飯田橋三喜ビル1階
対応エリア 東京およびその近郊
相談料 無料
営業時間 10時~18時(平日)
代表者 斎藤 勝
第一東京弁護士会 第10819号
電話番号 03-5946-8177
※相談用フリーダイヤルは0120-058-177

斎藤勝法律事務所とは、東京都新宿区に拠点を構える法律事務所です。斎藤勝弁護士が代表を務めています。

赤字家さんば
代表者の名前を事務所の名前につかうとこ結構多いよな。
闇瀬古
勝だけにヤミ金に勝ってほしいよな。

斎藤勝法律事務所に依頼できることと必要な費用

個人向け 債務整理
過払い金
ヤミ金など違法金融業者に関するトラブル
交通事故問題
費用 <ヤミ金など違法金融業者をめぐるトラブルの場合>
相談料:無料
費用:55,000円(税込、1社につき)
※案件の詳細によっても異なるため、相談の際に要確認

個人向けの案件に特化した弁護士事務所です。ヤミ金などの違法金融業者を巡るトラブル以外にも、債務整理や過払い金、交通事故問題などに対応しています。

赤字家さんば
ヤミ金一件55,000円はちょっと高めやな~。
4万円台に抑えたいなら下の記事を読んでみてくれ。
【全国対応】闇金解決に強い弁護士・司法書士事務所おすすめ10選!土日24時間対応・即日解決できるのはどこ? 実は近年、闇金の取り立てや督促電話に困っている方が、社会問題レベルで増加しています。 実際に、平成30年に警察庁が発表した...

斎藤勝法律事務所のいい口コミ・評判を総まとめ

斉藤勝弁護士事務所に関しては、良い口コミがほとんどありません。唯一見つかったのが、こちらの口コミです。

凄く丁寧だった

引用元:Googleマップ

斉藤勝弁護士は業界歴50年以上を誇る大ベテラン弁護士です。

口コミ掲示板やインターネットもない時代から弁護士として仕事をしている以上、救われた依頼者もたくさんいるでしょう。しかし、そのような依頼者が口コミを書く場所はなかったことは十分に考えられます。

口コミがないからといって、その事務所があまり良くないとは限らないので、あくまで1つの参考程度に考えましょう。

斎藤勝法律事務所の悪い口コミ・評判を総まとめ

良い口コミ同様、悪い口コミもあまり見当たりませんでした。やっと見つかったのがこちらの口コミです。

実際に裁判をお願いしてみて、やる気が感じられない、利益相反的な言葉を言うなどとても嫌な思いをしました。今後二度と依頼しようとは思いません。

引用元:Yahoo!ロコ

現場にいたわけではないので断定はできませんが、もしこれが本当なら依頼する側にとってはかなり嫌な思いをするかもしれません。

赤字家さんば
依頼先を慎重に決めたいんやったら、下のリンクからおすすめの事務所をチェックしてみることやな!

当サイトおすすめ闇金に強い弁護士・司法書士10選を見る

斎藤勝法律事務所の強み

斎藤勝法律事務所の強み

強み① 長年のキャリアを誇る弁護士に相談できる

斎藤勝法律事務所の代表である斉藤勝弁護士は、1968年に弁護士登録を済ませています。
弁護士登録した年をキャリアのスタート地点として考えると、実に54年ものキャリアを誇るベテラン弁護士です。

一般民事および一般刑事事件を多く手掛け、市民に寄り添った弁護士として活躍してきました。「亀の甲より年の功」というように、経験はそれだけでも十分な財産になります。「できれば、経験豊富な先生にお願いしたい」という場合は、相談してみましょう。

強み② 相談だけなら無料

弁護士に何かを依頼する際は、ほぼ相談からスタートすると思って構いません。この相談の際に、いくら報酬が発生するかは、弁護士によってまちまちです。

現在は弁護士法により標準報酬が存在しないため、相談の料金も自由に決めてよいことになっています。

斎藤勝法律事務所では、ヤミ金などの違法金融業者に関するトラブルの相談であれば、無料となっています。「まずは話を聞いてもらいたい」という場合も、気軽に相談してみましょう。

強み③ 駅からのアクセスも良好

弁護士に相談する際は、たいてい一度は事務所に出向く必要があります。しかし、事務所が最寄駅から遠かったりすると、出向くだけでも一苦労です。

斎藤勝法律事務所は、最寄り駅である飯田橋駅から徒歩4分の距離にあります。アクセスも良好なので、足を運ぶのがおっくうになることもないでしょう。

強み④ ヤミ金対応は定額

ヤミ金などの違法金融業者への交渉についても、弁護士によって報酬はまちまちです。かなりリーズナブルな価格で引き受けてくれる弁護士もいれば、そうでない弁護士もいます。

斎藤勝法律事務所では、ヤミ金対応に関しては55,000円(税込)で対応してくれます。

もちろん、裁判に発展したなどのイレギュラー事情が発生した場合はこの限りではありません。それでも、依頼者の同意なく追加作業をし、報酬を請求することはありえないので安心しましょう。

強み⑤ 女性スタッフも在籍

ヤミ金を使ってしまいトラブルになっている、というのはごく個人的な悩みである以上、相談する相手は選びたいところです。特に、女性の場合は「できれば同じ女性に話を聞いてもらいたい」と思うでしょう。

斎藤勝法律事務所には女性スタッフも在籍しています。相談の際に同席してもらいたいと思うなら、最初にリクエストしておきましょう。

斎藤勝法律事務所でヤミ金対応・債務整理をするときの流れ

斎藤勝法律事務所流れ

流れ① メール、電話で相談する

最初に、メールもしくは電話でコンタクトを撮りましょう。平日の10時から18時までであれば、フリーダイヤルで相談を受け付けています。

仕事が終わってからなど、夜間や土日であれば、まずはメールを使いましょう。公式Webサイト上のフォームから送信可能です。

流れ② 面談する

メール、もしくは電話での確認後、面談の日時が設定されます。指定された日時になったら、事務所に出向きましょう。弁護士によるヒアリングが行われます。
この時、以下の点について詳しく聞かれるため、事前にメモを取っていきましょう。

  • 現在の借入状況
  • 借金の総額
  • 貸金業者などから受けた嫌がらせ

流れ③ 契約する

ヒアリングの内容に基づき、弁護士から今後の対応が呈示されます。内容に納得がいった場合は、委任契約を結びましょう。その後、弁護士が債権者との交渉に移ります。通常は、この段階で取り立てや嫌がらせが止まると考えましょう。

流れ④ 最終報告を受ける

取り立てや嫌がらせが止まれば解決です。最終報告を受け、報酬を支払いましょう。

赤字家さんば
催促を止めるためにはまずは相談してみることが大事やな。

斎藤勝法律事務所に相談する際のよくある質問

斎藤勝法律事務所に相談したら取り立ては止まりますか?

かなりの確率で止まります。弁護士や司法書士などの受任通知を受け取った債権者は、その時点から債務者に対して直接取り立てをするのは極めて困難になるためです(貸金業法21条)。

もちろん、これはあくまで「法律を守っている」貸金業者の場合であって、ヤミ金などの違法金融業者であれば、そのあたりをまるっきり無視してくるでしょう。

万が一、そのような極めて悪質な業者に当たってしまった場合は、すぐには取り立てが止まらないことも考えられます。それでも、落ち込んだり慌てる必要はありません。

そもそも、ヤミ金などの違法金融業者からお金を借りてしまった場合は、返済義務を負わないことになります。

参照:金融庁「ヤミ金融業者に係る最高裁判決の概要について」

仮に取り立てがあったとしても「その件は弁護士さんに任せているので」と一言言えば構いません。

斎藤勝法律事務所ではソフト闇金や先払い買い取りなどにも対応してますか?

対応しています。しかし、依頼を引き受けてくれるかどうかは、個々の案件の内容によるので必ず相談しましょう。

斎藤勝弁護士は、長い弁護士としてのキャリアの中で、かなり大規模な訴訟においても原告側の弁護士として勝訴を勝ち取ってきました。主な案件としては、以下のものがあります。

  • レイクから原告18名集団訴訟過払1390万取戻
  • 某金融会社から元社員44名で不払残業代1億円取戻

貸金業者を相手取った比較的高額かつ難しい案件も手掛けてきた弁護士であるため、ソフトヤミ金や先払い買い取りなど、比較的新しいタイプの案件にも対応可能でしょう。自分が困っていることを率直に相談してみるのをおすすめします。

斎藤勝法律事務所に解決していただいたあと業者から嫌がらせはありますか?

ごくわずかながら可能性はあります。でも、無視して大丈夫です。

債権者にとって、弁護士や司法書士からの受任通知は重要な意味を持ちます。受任通知が届いた時点からは、債務者へ直接取り立てをしてはいけない決まりになっているためです。もちろん、嫌がらせも厳しく制限されています。

貸金業法21条

貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。
一 正当な理由がないのに、社会通念に照らし不適当と認められる時間帯として内閣府令で定める時間帯に、債務者等に電話をかけ、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の居宅を訪問すること。
二 債務者等が弁済し、又は連絡し、若しくは連絡を受ける時期を申し出た場合において、その申出が社会通念に照らし相当であると認められないことその他の正当な理由がないのに、前号に規定する内閣府令で定める時間帯以外の時間帯に、債務者等に電話をかけ、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の居宅を訪問すること。
三 正当な理由がないのに、債務者等の勤務先その他の居宅以外の場所に電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の勤務先その他の居宅以外の場所を訪問すること。
四 債務者等の居宅又は勤務先その他の債務者等を訪問した場所において、債務者等から当該場所から退去すべき旨の意思を示されたにもかかわらず、当該場所から退去しないこと。
五 はり紙、立看板その他何らの方法をもつてするを問わず、債務者の借入れに関する事実その他債務者等の私生活に関する事実を債務者等以外の者に明らかにすること。
六 債務者等に対し、債務者等以外の者からの金銭の借入れその他これに類する方法により貸付けの契約に基づく債務の弁済資金を調達することを要求すること。
七 債務者等以外の者に対し、債務者等に代わつて債務を弁済することを要求すること。
八 債務者等以外の者が債務者等の居所又は連絡先を知らせることその他の債権の取立てに協力することを拒否している場合において、更に債権の取立てに協力することを要求すること。
九 債務者等が、貸付けの契約に基づく債権に係る債務の処理を弁護士若しくは弁護士法人若しくは司法書士若しくは司法書士法人(以下この号において「弁護士等」という。)に委託し、又はその処理のため必要な裁判所における民事事件に関する手続をとり、弁護士等又は裁判所から書面によりその旨の通知があつた場合において、正当な理由がないのに、債務者等に対し、電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は訪問する方法により、当該債務を弁済することを要求し、これに対し債務者等から直接要求しないよう求められたにもかかわらず、更にこれらの方法で当該債務を弁済することを要求すること。

引用元:貸金業法

たとえば、以下の嫌がらせをしたら、即、貸金業法違反になるでしょう。

  • 理由もなく職場に電話やファックスをする
  • アポなしで自宅を訪問する
  • 家族や職場にお金を借りていることを含めプライベートをばらす

もし、弁護士に依頼して債務整理を進めていたにも関わらず、ヤミ金から嫌がらせをされたとしましょう。

法律違反を冒しているのはヤミ金である以上、卑屈になる必要もありません。何を言われても「その件は弁護士さんに」と一蹴し、LINEも電話もブロックして大丈夫です。

斎藤勝法律事務所が業者とグルの可能性はありますか?

絶対にないとは言い切れませんが、きわめて可能性は低いでしょう。弁護士は仕事の性質上、法律を順守することが強く求められています。

ヤミ金とグルになるのは「無許可で行う違法な金銭の貸付をほう助する」ことに他なりません。違法行為をほう助(幇助)するのは、刑法上の犯罪にあたる可能性が極めて高いでしょう。

刑法 第62条

正犯を幇助した者は、従犯とする。
2 従犯を教唆した者には、従犯の刑を科する。

引用元:刑法

このような犯罪行為を働いているのが発覚したら、弁護士として仕事を続けることはまずできません。日本弁護士連合会から除名処分が下されたり、逮捕・起訴させて実刑に処されたりしているはずだからです。

家族や職場にバレずに対応して頂くことはできますか?

可能です。むしろ、一部の例外を除きバレることはないと考えましょう。

弁護士は、職務を遂行するにあたり、依頼者や依頼内容などの詳細を口外してはいけない決まりになっています(守秘義務)。
そのため、正当な理由がなければ、依頼者や依頼内容などの詳細を第三者に口外することはあり得ません。たとえ問い合わせをしてきたのが家族や職場の担当者であっても「本人の承諾がないので」と断ってくれるはずです。

ただし、例外も存在します。「正当な理由がある」場合です。具体的には以下の2つのケースが考えられます。

  • 依頼者からの同意が有る場合
  • 弁護士自身が依頼を受けている事件に関して係争の当事者等になり、自己の主張、立証のために必要な場合

たとえば、家族や職場にまで嫌がらせが及んだ場合、弁護士としては状況を説明し、協力を得る必要があるでしょう。そうなったら「どういう理由でこの人が依頼してきたのか」を話さなくてはいけません。このような場合であっても、依頼者の同意なく進めたりすることはありえないので、安心して頼みましょう。

当サイト闇金相談実績No.1の司法書士を見る

【総評】斎藤勝法律事務所への相談前には他事務所との比較も必須!

まとめ

斎藤勝弁護士は業界歴50年以上と、安心して任せるには申し分ないキャリアの持ち主です。しかし、口コミも含め出回っている情報が少ないため、事前に「自分に合うか、合わないか」をジャッジするのは難しいかもしれません。

ヤミ金などの金銭トラブルは、ごくプライベートかつ慎重に取り扱うべき案件であるため「誰に相談するか」は案外重要になります。他の弁護士事務所や司法書士事務所とも比較し「自分が本当に安心して任せられる専門家」を探しましょう。

赤字家さんば
闇金の相談に強い弁護士や司法書士に迷ったら下の記事を要チェックや!
闇金に強い弁護士・司法書士事務所おすすめ10選!「意味ない」の噂は嘘だから要注意

【闇金解決に強い】当サイト人気の弁護士・司法書士

司法書士法人ライタス綜合事務所
\最短即日で返済額を0円に!/
※LINEで気軽に相談できます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

闇金や後払い現金化の督促
止めたいと思わへんか??
借金に困ってるんやったら
極秘情報を教えたるがな!!
close
赤字家さんば