債務整理コラム

カードローンで作った借金は債務整理可能?方法は?注意点まで徹底解説!

カードローンで作った借金は債務整理可能?方法は?注意点まで徹底解説!

最近、政治経済の状況が急速に悪化している関係で、「生活が苦しくなったからお金を借りたい!」と、カードローンの利用に手を出す方が増えています。

しかし、比例してカードローンの返済にお困りの方も増えており、最近は「債務整理」という方法を取る人も増えてきました。今回はそんな「債務整理」について詳しくご紹介いたします。

ご存じですか??

国が認めた「債務整理」という手続きを活用すれば、月々の返済額を減らしたり、日々の取り立てを止めたりすることができます。手続きはカンタンなので、まずは債務整理に強い専門家に無料相談してみましょう。

\借金減額&取り立て最短即日停止!/
※LINEで気軽に相談可能

そもそも債務整理とは?

そもそも債務整理とは?

まず最初に「債務整理」とは何かと言うことについて説明していきます。

簡単に言えば「借入金やクレジットカードの支払いが困難になった時に行う手続き」のことです。

例えば、住宅ローンや高額な債務などの支払いが困難な場合などには自己破産をして、免責許可決定を得ることによって、支払い義務を免れることができます。

また、自動車ローンや奨学金などの支払いが困難になり、今後数年単位での返済に加えて大幅な借金の減額が必要な場合には、個人再生手続きを行って、支払い額を大幅に減額してもらうことも可能です。

赤字家さ●ば
まあ、実際にはカードローンくらいやったら任意整理やな。

このように、債務整理というのは、借金問題を解決するための手段の一つなのです。

カードローンにも対応可能!債務整理の種類

カードローンにも対応可能!債務整理の種類

では次に、債務整理にはどのような種類があるのかについて見ていきましょう。

債務整理は大きく分けて3つの種類があります。

任意整理

まず一つ目が「任意整理」です。任意整理は裁判所が関与しないため、自分または代理人と業者のみで手続きを行うことができます。

これは、債権者と債務者の間で話し合いを行い、月々の返済額を減額する代わりに、元本についてはそのまま残し、将来利息だけをカットするなどの交渉を任意で行っていくという方法です。

この任意整理を行うと、毎月の返済額は減りますし、期間も延長されますが、元本の返済は原則として残ります。

赤字家さ●ば
さっきも言うたけど、カードローンなら任意整理でいけるで。知らんけど。
闇瀬古
いや行けますて。それもバチコン王道ですわ。

個人再生

続いて「個人再生」です。個人再生は、裁判所に申し立てて、借金総額を最大5分の1程度にまで圧縮してもらうことができるというものです。

個人再生は自己破産に近いほどの効力がある一方、住宅ローンや車のローンなどは話し合いによって、財産処分の対象外とできることもあります。

ただし、この個人再生は、借金の総額が5000万円以下であること、収入が安定していることなどの条件を満たしている必要があります。

赤字家さ●ば
これはアレや、任意整理でもアカンとき専用。
闇瀬古
専用ではないですけどね。

自己破産

最後に出てくるのが「自己破産」です。自己破産は、裁判所に申し立てて借金をゼロにする手続きです。

自己破産は、借金総額が100万円以上ある場合にのみ行うことができます。

ただし、この自己破産は、借金を全額免除してもらえる代わりに、家財道具や車、預金通帳などの資産は全て事実上、没収されてしまいます。

また、官報にも名前が載ってしまうため、周囲に知られたくない方は避けた方が良いでしょう。

赤字家さ●ば
正直これはもうリーサルウェポンやで。
闇瀬古
それはそう。
【元借金持ちが厳選】債務整理おすすめ事務所10選!弁護士・司法書士費用を比較相当な知識がない限り、債務整理を自分一人で行うのは困難です。困ったときは専門家に相談をしましょう。債務整理のパートナーとしてオススメできる【魂の弁護士・司法書士事務所】をご紹介します。また、債務整理でどれだけ楽になれるかもお伝えします。...

カードローン関係で債務整理をするとどうなる?

カードローン関係で債務整理をするとどうなる?

それではカードローン関連で債務整理を行った場合にどうなるのかについて見ていきましょう。

まず、債務整理を行うと、以下のようなメリットが得られます。

    • 借金の総額が減る
    • 将来の利息がなくなる
    • 分割払いが可能になる
    • (将来的に)ブラックリストから名前が消える

 

順に説明していきます。

カードローンによる借金総額が減る

まず非常に大きなメリットとしては、借金の総額が減ることです。

例えば、500万円の借金があったとして、債務整理を行った結果、300万円まで減ったとすると、残りの200万円は返さなくても良いことになります。

赤字家さ●ば
利息が消えても債務圧縮やし、元本いけても債務圧縮や。
闇瀬古
社長の言う通り、元金カットの他にも利息カットとかあるし、ここまで行けるケースもゼロやないで。

将来の利息がなくなる

債務整理を行うと、将来発生するはずだった利息がなくなることがあります。

これは手続きの方法にもよりますが、任意整理であれば一部の将来利息についてカットの交渉ができるケースがあり、その他個人再生や自己破産については将来利息を完全にバッサリとカットできるケースもあります。

赤字家さ●ば
自己破産については完全に、桃鉄で言うたら徳政令カードやしな。
闇瀬古
すな。わかりやすいけど若干不謹慎な例え方すな。

カードローンにおける当初の契約以上に分割払いが可能になる

債務整理の結果、毎月の返済額が少なくなった場合、たとえば業者から一括での支払いを求められていた案件についても、分割払いが可能になることがあります。

その他、基本的には月々の返済額もダウンするようになるため、例えば、毎月10万円ずつ支払っていたとしても、債務整理後は毎月5万円ずつでの返済でOKになるなど、物理的なメリットも多いと言えるでしょう。

(将来的に)ブラックリストから名前が消える

債務整理を行い、完済から一定期間が経過した場合、将来的にブラックリストから名前が消えます

厳密には、完済から一定年月が経過すると個人信用情報の事故情報などが消去されというものですが、世間一般でいわれる「ブラックリスト」から情報が消える、と思っていただいてよろしいでしょう。

これにより、再び個人信用情報がホワイトとなりますので、新たに借り入れをしたり、クレジットカードを作ったりすることもできます。

赤字家さ●ば
あくまでも人生再起ができるで~って話であって、まためちゃめちゃに借金してええよっちゅう話にはならへんからな。要注意やで。一般的に複数回の債務整理は交渉がしづらかったり・・・最悪自己破産の免責がおりへんかったりするからな。

カードローン関係の債務整理で気を付けること

カードローン関係の債務整理で気を付けること

それでは、債務整理を行う上で気を付けなければならないことをいくつか挙げてみましょう。

【前提】弁護士または司法書士に相談すること

債務整理を行う場合、基本的に専門家である弁護士・司法書士に依頼することをおすすめします。

弁護士および司法書士は法律の専門家であり、法的知識を持っているだけでなく、債務整理の経験が豊富であるため、適切なアドバイスを受けることが可能です。

債務整理に慣れていない素人の方が債務整理をしようとすると、かえって状況を悪化させてしまうことも珍しくありません。

当サイト人気No.1の債務整理おすすめ事務所はこちら!

【注意点】債務整理は慎重に行うこと

債務整理は、債務を減らすための手続きです。

しかし、債務整理には様々なリスクが存在します。債務整理後の生活設計もしっかりと立てておかないといけません。

例えば、債務整理後に新たな借金を作ってしまうようなことは絶対に避けるべきです。債務整理後、別の金融業者などからお金を借りてしまえば、結局状況は悪化してしまいます。

家族に秘密にできるとは限らないこと

債務整理は、相談した法律事務所が個人情報の保護はもちろんのこと、守秘義務によって原則として、相談や手続きの事実が家族など第三者に伝わることはないとされています。

これは、債務整理をしたという事実は、現代の社会では残念ながらその人の社会的信用度を大きく下げる恐れがあるため、厳格に情報が保護されることによります。

もし、債務整理したことがバレてしまったら、その後の人生に大きな傷がつくことになるかもしれませんので、事務所側も業者側もここは慎重路線なのが一般的です。

ただし、債務整理の手続きに慣れていない事務所の場合、手続き中にうっかり書類などを家族に見られる形で誤郵送してしまう可能性も否定できません。

赤字家さ●ば
不慣れな事務所やと実は結構あるで。

そうなると、当然手続きの進捗具合なども家族などに伝わってしまう可能性があります。

また、最近では携帯電話の普及により、メールやSMSで進捗が事務所から届くケースもあり、こうした点を通じて家族に知られるケースも増えてきています。

重要なのは、こうしたミスを犯しにくい債務整理に強い弁護士・司法書士事務所に依頼することでしょう。

まとめ

まとめ

今回はカードローンにおける債務整理について詳しく解説しました。

債務整理は借金を解決する手段としては非常に有効ですので、ぜひ検討してみて下さい。

実質的な手続きについては、当サイトでもご紹介しているような債務関係の問題を取り扱っている司法書士事務所に相談してみると良いでしょう。

詳細をこちらのボタンからご確認いただけます。

キン助
借金の相談に強い弁護士や司法書士に迷ったら下の記事を要チェックや!
債務整理おすすめ事務所10選!弁護士・司法書士費用を比較

【債務整理におすすめ】当サイト人気の弁護士・司法書士

ライタス綜合事務所_債務整理バナー
\24時間365日相談受付中!/
※LINEで気軽に相談できます
毎月の返済額、借金の総額
減らしたいと思わへんか??
close
キン助