債務者役立ち情報

【必見】NP後払いで支払い滞納は危ない|弁護士から連絡がきた時の対処法

【必見】NP後払いで支払い滞納は危ない|弁護士から連絡がきた時の対処法

後払い決済サービス『NP後払い』の支払いを滞納してしまった人や、今現在滞納しかけているはいませんか?

滞納をしている人の中には、「このまま支払いをせずにいるとどうなるの?」と疑問を持っている人もいるかと思います。

しかし、NP後払いにおける支払い滞納は危険です。

NP後払いの支払いを滞納し続けると、弁護士から連絡がきて最悪の場合だと、裁判沙汰に発展するという結果になりかねません。

赤字家さんば
赤字家さんば
早めに対処せんと、ドエライことになる可能性があるで。

本記事では、そんなNP後払い滞納における危険性や問題点についてまとめています。

弁護士から連絡がきてしまった時の対処法もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事はこんな人にオススメ!
  • NP後払いにて滞納している人
  • NP後払いにて滞納しかけている人
  • 弁護士から連絡が来てしまった人
  • NP後払いに支払うお金がない人

NP後払いで支払い滞納は危険【リスク・問題点まとめ】

NP後払いで支払い滞納は危険【リスク・問題点まとめ】

冒頭でもお話しましたが、NP後払いの支払い滞納は危険です。

NP後払いは後払いで買い物ができる決済サービスで、ポイントがついたりと非常に便利です。

しかし、支払いを遅らせるとリスクがつきまとってきます。

赤字家さんば
赤字家さんば
実際に発生するリスクを、滞納期間別でまとめてみたで。
支払い滞納期間 発生するリスク
1日〜3日 ・NP後払いが利用できなくなる
・遅延損害金と延滞事務手数料が発生する
3日〜2カ月 ・催促のメールや書類が届く
2ヶ月〜6ヶ月 ・弁護士から通告書が届く
・裁判所による差し押さえが発生する

NP後払いでの滞納は、滞納する期間が伸びれば伸びるほど危険度が増していきます。

最終的には生活に支障をきたすリスクが発生するので、返済できるのであれば早めに滞納金を支払うようにしましょう。

NP後払いにて滞納してもブラックリストには入らない

NP後払いにて滞納をしたとしても、ブラックリストには入りません。

なぜならNP後払いを運営している『株式会社ネットプロテクションズ』は、個人信用情報機関に情報を共有していないからです。

ブラックリストに名前を載せる条件としては、債権者が個人信用情報機関に加盟しておかなくてはいけません。一般的な貸金業者であれば個人信用情報機関に加盟していますが、NP後払いは貸金業者ではなく加盟していないのです。

ただし通販信用情報センターには加盟しており、支払いを滞納したという延滞情報は残ってしまいます。

ブラックリストには載らないからといっても、支払いを滞納したという情報は残り続けてしまうので注意しましょう。

NP後払いで支払いを滞納した際に起こる問題点

NP後払いで支払いを滞納した際に起こる問題点

ここまで、NP後払い滞納における危険性について解説していきました。

次に、NP後払いの支払いを滞納した際に起きる問題点を具体的に紹介していきます。

先述したリスクをまとめると、以下の通りです。

  • 支払日から1~3日後:NP後払いが利用できなくなる
  • 支払日から1~3日後:遅延損害金と延滞事務手数料が発生する
  • 支払日から3日〜2ヶ月後:催促のメールや書類が届く
  • 支払日から約2~6ヶ月後:弁護士から通告書が届く
  • 支払日から2~6ヶ月後:裁判所による差し押さえが発生する

順番に危険性について見ていきましょう。

支払日から1~3日後:NP後払いが利用できなくなる

もし支払日になっても返済をしていない場合、NP後払いが利用できなくなってしまいます。

実際にNP後払いの公式サイトでは、以下のように発表していました。

お支払期限日を過ぎると一時的にNP後払いがご利用できなくなる可能性があります。

引用先:支払期限を過ぎてしまいました。|NP後払い

ただ滞納したお金をちゃんと返済すれば、すぐにでも利用できるようになります。

もし今後もNP後払いを利用する予定なのであれば、早めに滞納したお金を返済するようにしましょう。

支払日から1~3日後:遅延損害金と延滞事務手数料が発生する

NP後払いで滞納を続けると、遅延損害金と延滞事務手数料が発生してしまいます。

遅延損害金とは、支払いを延長した際に発生する利息です。延滞事務手数料は、NP後払いで延滞した際にかかってくる手数料を意味します。

赤字家さんば
赤字家さんば
実際にNP後払いを運営している『株式会社ネットプロテクションズ』は、以下のような発表をしとるで!

第13条(遅延損害金等)

1.会員が当社に対する支払債務の履行を遅滞した場合、支払日の翌日から支払済の日に至るまで、支払債務の未払額に年14.6%を乗じた額 (年365日とする日割計算。ただし、うるう年は年366日とします。)の遅延損害金を支払うものとします。

2.会員が期限の利益を喪失したときは、期限の利益喪失の日から完済の日に至るまで前項の利率により計算された遅延損害金を支払うものとします。

3.前2項に定める遅延損害金の他、会員が当社と約定した期日までに支払債務の支払を行うことを懈怠した場合には、延滞事務手数料を支払うものとします。

引用先:利用規約|NP後払い

遅延損害金は未払金に対して年14.6%の利息がついてくるので、滞納が遅れるほど最終的に支払うお金が増えてしまいます。

早めに支払わなくては余計なお金さえ支払わなくてはいけなくなるので、注意しましょう。

支払日から3日〜2ヶ月後:催促のメールや書類が届く

滞納期間が長引くと、催促のメールや書類が届くようになります。

差出人はNP後払いの運営元である『株式会社ネットプロテクションズ』から通知がきて、メールにて支払いを促してくるのです。

またメールを無視したとしても、請求書と一緒に催促状が自宅に届きます。

通知のタイミングや書類が届くタイミングは人によって異なりますが、通知がきたら早めに支払うようにしましょう。

支払日から約2~6ヶ月後:弁護士から通告書が届く

滞納が長期に渡ると、NP後払いはお金の回収を弁護士法人などの債権回収機関に委託します。

そうなると弁護士から支払いに関する通告書が届き、法的手続きへと移行してしまう可能性が出てくるので注意が必要です。

実際にNP後払いの公式サイトでは、以下のように発表していました。

お支払いの確認ができない状況が長期にわたりますと、弁護士事務所などに債権の回収を委託いたします。
債権回収機関からお客様へご連絡を差し上げたり、状況によっては法的手続きを取らざるを得なくなる場合もあります。

引用先:長期間支払いをしないとどうなりますか?|NP後払い

赤字家さんば
赤字家さんば
こうなるとNP後払い側からの催促はなくなるんやけど、弁護士から支払い催促が行われて、債権回収が行われるようになるで!

もしこの時点で弁護士からの催促を無視し続けると、法的手段の準備段階に入る旨が書かれた『内容証明郵便』という書類が届きます。

そうなると最終的には、強制進行による差し押さえが発生します。

支払日から約2~6ヶ月後:裁判所による差し押さえが発生する

もし支払いをせずに滞納を続けると、最終的には裁判所による差し押さえが発生してしまいます。

差し押さえが発生するともう逃げることはできず、自身が持っている財産や資産を回収されてしまいます。

赤字家さんば
赤字家さんば
ちなみに最も優先的に回収される財産や資産は、『貯金』や『給料』やで。

他にも生活できる程度の財産だけは置いて、ほとんどのものは回収されてしまいます。

そうなると滞納をしていたことが周囲にバレてしまい、会社をクビになったり、家族に迷惑をかける結果になりかねません。

なので弁護士から連絡がきた時点ですぐに対策を練る、ということを覚えておきましょう。

NP後払い滞納の件で弁護士から連絡きた時の対処法

NP後払い滞納の件で弁護士から連絡きた時の対処法

NP後払いにて滞納をした際の最善の対処法としては、滞納したお金を早めに支払うことです。

しかし中にはお金が用意できておらず、弁護士からの通告書が届いたにもかかわらず、支払いができない人もいるかと思います。

なので現時点でお金がないという人は、債務整理を検討しましょう。

別のサイトでは「NP後払いに支払うために、別からお金を借りましょう」のようなことが書いてありましたが、絶対にやめておきましょう!
借金返済のためにまたお金を借りると、借金の無限ループから抜け出せなくなります。

【おすすめ】債務整理を検討しよう

債務整理とは、無理のない返済プランを作って計画的に滞納金の返済をしたり、払い過ぎた過払金を返還してもらうための手続きを意味しています。

債務整理の種類によっては、お金を返済しなくてもいい方法もあるので、返済に困っている人におすすめの手続きです。

ちなみに債務整理の種類としては、以下の3つの手続きがあります。

  • 任意整理
    ・・・借金の減額をしたり、無理のない返済を行えるようにするための手続き
  • 民事再生
    ・・・借金返済が困難であることを裁判所に伝え、減額された借金を3〜5年ほどかけて返済していくための手続き
  • 自己破産
    ・・・財産がないことを裁判所に認めてもらい、借金の免除をしてもらうための手続き
赤字家さんば
赤字家さんば
滞納しとるお金をどないかしたいなら、任意整理が特におすすめやで!自身のお財布事情に合わせて返済プランを立てられるさかい、無理なくお金を返していくことができるんや。

債務整理はお金のトラブルを解決してくれるだけでなく、精神的な不安をなくしていくことも可能です。

なので、もしNP後払いにて多額のお金を滞納してしまったという方は、一度債務整理を検討してみてはいかがでしょうか。

赤字家さんば
赤字家さんば
下の借入減額チェッカーをつこたら、無料で債務整理のシミュレーションができるで!借金がナンボ減るんか教えてくれるから一回試してみたらええわ。
借入減額チェッカー_平柳司法書士事務所

\完全無料で診断!/

債務整理は司法書士や弁護士に任せるのが一般的

債務整理は自分自身で手続きを進めることも可能ですが、ほとんどは司法書士や弁護士などのプロに任せます。

なぜなら債務整理とは、債権者に対して支払いの延長や借金の免除を交渉する行為であり、面倒な手続きが豊富だからです。

さらに多額の支払い滞納がある人ほど、自身で返済プランを立てていくのは難しいので、プロに任せたほうが安心です。

なのでどうしても滞納したお金の支払いができない人は、司法書士や弁護士に相談をするところから始めてみましょう。

赤字家さんば
赤字家さんば
借金のプロに相談したいなら「平柳司法書士事務所」が評判ええで!下から口コミ評判を覗いてみたらええわ!
平柳司法書士事務所の口コミ・評判を見る

まとめ

ここまでNP後払いにて滞納した際のリスク、弁護士から連絡がきた時の対処法を紹介していきました。

もしNP後払いで滞納をした際には、早めに支払いをするのが最善の策だということが分かったと思います。

ただどうしても支払いの返済が難しい場合は、司法書士や弁護士に相談して債務整理をしていくのがオススメです。

債務整理についての詳しい解説や、おすすめの相談先は下のボタンから見ることができますので、ぜひ一度目を通してみてください。

赤字家さんば
赤字家さんば
知らんと思うけど、債務整理の中にも色んな種類があって、例えば「任意整理」なら家や車を没収されずに借金を減らせるんやで!意外と悪ないやろ?
\今すぐ無料相談や!/
※メールだけでも相談できます

\債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所選/

1.平柳司法書士事務所

平柳司法書士事務所_債務整理ページ
【東京で人気の司法書士事務所】

平柳司法書士事務所は任意整理と闇金対応を得意とした司法書士事務所です。
費用も業界最安値レベルで口コミ評判も高いのでオススメです。

費用 《任意整理》
費用:一件あたり4万4,000円(税込)
《闇金対応》
費用:一件あたり4万4,000円(税込)
所在地 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5丁目21-6 山本ビル3F
営業時間 24時間365日無料相談受付

※メールだけでも相談可能です

 

2.東京ロータス法律事務所

【債務整理の身近な窓口】

東京ロータス法律事務所は任意整理だけでなく、個人再生や自己破産にも対応している事務所です。
全国で出張面談を実施しているので、どちらにお住まいでも対面での相談が可能です。

費用 《任意整理》
着手金:2万2,000円(税込)
報酬金:2万2,000円(税込)
減額報酬:11%(税込)
過払報酬:22%(税込)
※訴訟の場合27.4%
その他諸費用:5,500円(税込)
所在地 〒116-0013 東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階
営業時間 メール相談は24時間365日受付中


3.アストレックス司法書士事務所

【関西圏の方要チェック】

アストレックス司法書士事務所は大阪に所在する借金問題に強い事務所です。
フリーダイヤルでの電話相談は通話料無料なのでおすすめです。

費用 《任意整理》
費用:一件あたり5万5,000円(税込)
所在地 大阪市中央区谷町1-3-18 イディアクロス天満橋ビル4階
営業時間 電話相談:9~21時(平日)、10~18時(土日)

 

おすすめの弁護士・司法書士事務所をもっと見る

毎月の返済額、借金の総額
減らしたいと思わへんか??
借金に困ってるんやったら
極秘情報を教えたるがな!!
close
赤字家さんば