任意整理

債務整理の相談に行くと説教されるってホンマ?弁護士に直接聞いてみた!

この記事の監修者
南 陽輔(大阪弁護士会)
南 陽輔(大阪弁護士会)
大阪大学法学部卒業、弁護士登録12年目(大阪弁護士会所属)。離婚、相続等の一般民事事件を主とし、刑事事件も含め幅広く取り扱っている。

 

借金を返せずに苦しんでいる場合には、弁護士か司法書士に相談をして「債務整理」をすることが有効です。

しかし、借金を返せなくなったという事実を、いくら弁護士といえども他人に対して告白することは勇気が必要です。

ましてや弁護士に対して「怖い」「高圧的」などの悪いイメージを持ってしまっている方なら尚更ではないでしょうか。

相談をしたら「だらしない」「身から出た錆だ」などと説教されてしまうのでは?怒られるのでは?などと恐れてしまう方もいるかもしれません。

そこで今回は、弁護士登録12年目の南 陽輔弁護士に、債務整理に関する法律相談の実態について解説していただきました。

赤字家さんば
赤字家さんば
南弁護士先生様、今回もどうぞよろしく頼んます!(スリスリ)
闇瀬古
闇瀬古
弁護士先生が出てきたら露骨にゴマ擦るのやめぇ!!

この記事の目次

債務整理って何?

債務整理って何?_南 陽輔弁護士
そもそも、債務整理とはどういうものなのでしょうか。

「債務整理」という言葉を聞いたことはあっても、実際にどのようにして行われるのかについてはよく知らないという方も多いかもしれません。

そこで、まずは債務整理とは何なのか、どういう方法で行われるのかということを説明していただきました。

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
債務整理とは、借金などを返せなくなった債務者について、借金の負担を軽減してあげる手続きのことをいいます。

債務整理の方法には、大きく分けて①債権者との交渉と、②裁判所での法的手続きの2通りがあります。

債権者との交渉によって行われる債務整理の手続きは、「任意整理」と呼ばれています。
一方、裁判所における法的手続きによる債務整理には、「個人再生」「自己破産」の2つがあります。

赤字家さんば
赤字家さんば
債務整理=自己破産やと思とる人も多いんやけど、それは違うねん。債務整理にも色々種類があるからこれを機に勉強してみ。

債務整理を弁護士に相談したら、説教をされたりする?怒られる?

債務整理を弁護士に相談したら、説教をされたりする?怒られる?
債務整理をすれば借金の負担を軽減できるということですが、元はといえば借金を作ったのも、返せなくなったのも自己責任です。

弁護士に債務整理の相談をした場合、こうしただらし無さについて説教をされたり、怒られたりしないのでしょうか?

まともな弁護士であれば、頭ごなしに説教したり怒ったりはしない

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
弁護士が債務整理の相談に来た依頼者を頭ごなしに説教したり、怒ったりすることはまず考えられません。

弁護士は依頼者の利益を実現するため、依頼者のために行動することを責務としています。そのためには、まず依頼者がどのようなことで悩んでいるのか、依頼者の親身になって丁寧に聞くことが重要です。

それなのに、依頼者に対して頭ごなしに説教をしたり、怒ったりしていては、依頼者との間で信頼関係を築くことはできません。
まともな弁護士であれば、そのような行動には出ないでしょう。

なるほど、しかし弁護士から「人間のクズ」「社会のゴミ」などと罵られたというような話も一部で聞こえてくるのもまた事実です。

そのあたりは実際のところどうなのでしょうか?

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
弁護士もたくさんいるので、中にはほんのわずかにこうした暴言を口にする弁護士がいるのかもしれません。

しかし、そのような弁護士は例外中の例外です。

第一、依頼者を口汚く罵る行為は弁護士としての品位を欠く行為です。
もしそのような行為が行われているのだとしたら、弁護士失格であると言わざるを得ません。

闇瀬古
闇瀬古
俺も弁護士の先生に相談したことあるんやけど、説教はされへんかったな。普通に優しかったで。

弁護士は依頼者の抱える問題を解決するのが仕事

弁護士は依頼者の抱える問題を解決するのが仕事
しかし、中にはギャンブルや浪費で借金を作ったり、あちこちから借金をして多重債務状態になったりしている依頼者もいます。

こうした依頼者に対しては、いくら弁護士といえども、説教や罵倒の一つでもしたくなるものではないでしょうか?

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
弁護士の責務は、依頼者の利益を実現することです。

借金に苦しむ依頼者にとってもっとも利益となるのは、借金の負担を軽減することです。依頼者に説教をしたり、怒ったりしても、借金の負担を軽減することには繋がりません。

もちろん、債務整理を終えた後にまた借金を作ってしまってはキリがないので、更生を促すために喝を入れるということは有り得ます。

しかし、それは依頼者のためを思うからこその行動であり、決して頭ごなしに説教をしたり、怒られたりするわけではありません。

無料で債務整理について相談してみる!

説教や怒られることを恐れて嘘をついたり、隠し事をしたりするのはNG

説教されたり、怒られたりすることは基本的にないというのはわかりましたが、そうは言っても借金を返せなくなったということをどう相談して良いものかわからないという人もいるはずです。

どのような心構えで弁護士に相談をすれば良いのでしょうか?

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
債務整理の方法は複数あり、どの方法を選択するか、どのように手続きを進めるのが良いかということは、依頼者の状況によって異なります。

依頼者にとって最適な解決を実現するには、依頼者が自分の置かれている状況を包み隠さず弁護士に話すことが重要です。
依頼者が正直にすべての事実を話してくれて初めて、弁護士としても依頼者の状況を踏まえた正しい検討・判断を行うことができます。

説教されることや、怒られることなどを恐れて、嘘をついたり、隠し事をしたりするのはやめましょう。

赤字家さんば
赤字家さんば
ついて喜ばれるのは餅と職だけ。知らんけど。
闇瀬古
闇瀬古
社長絶好調ですやん。

どういう人が債務整理をすべき?

どういう人が債務整理をすべき?
債務整理をしたら借金が減ると言っても、債権者からしたら借金を帳消しにされては大迷惑です。なかには借金を返さないということを不義理に感じる、できれば自力で返したいという人も多いでしょう。

しかし、借金を返せる見込みがないのであれば、背に腹は変えられません。

どのような人が債務整理をすべきなのかについて、南 陽輔弁護士に解説していただきました。

借金の滞納が発生している人

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
まず、借金の滞納が発生してしまっている人は、すぐにでも債務整理を検討すべきです。

借金を滞納すると、「遅延損害金」という損害賠償が発生し、借金の金額が日ごとに膨れ上がってしまいます。放置すれば放置するほど借金を返すのが難しくなるので、できる限り早めに対処したほうが良いでしょう。

また、借金を滞納している状態では、債権者からの取立ても行われます。取立ての連絡を連日受けるのは、債務者にとって大きな精神的負担になります。

その意味でも、やはり早めに債務整理をして借金問題を解決すべきでしょう。

収入に比べて借金の金額が大きい人

収入に比べて借金の金額が大きい人
南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
また、収入に比べて大きな借金を背負ってしまったという場合にも、債務整理をすることをおすすめします。

この場合、月々の収入に占める借金返済の割合が非常に高くなってしまい、生活費が大きく圧迫されてしまいます。最初のうちは何とか借金を返済できていたとしても、次第に無理がたたって滞納状態に陥ってしまう可能性が高いといえます。

返済のプレッシャーに押しつぶされる前に、早めに弁護士・司法書士に相談しましょう。

複数の金融機関から借金をしている人

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
複数の金融機関から借金をしている人も、非常に危険な状態です。このような人は、ある金融機関から借りた借金を、さらに別の金融機関から借金をして返すという自転車操業の状態になってしまっている場合が多いです。

このような状態を、多重債務といいます。

多重債務に陥ってしまうと、借金の元本がなかなか減らず、完済は非常に困難です。
したがって、このような人も債務整理を検討すべきでしょう。

赤字家さんば
赤字家さんば
債務整理の相談先は「平柳司法書士事務所」がおすすめやで!口コミ・評判ページを見てみたらええわ。
平柳司法書士事務所の口コミ・評判を見る

弁護士に債務整理の相談をした場合、何を聞かれるの?

弁護士に債務整理の相談をした場合、何を聞かれるの?
弁護士に債務整理の相談をするのであれば、せっかくの機会でもあるので、相談に備えて事前にしっかり準備をして臨みたいところです。

弁護士に債務整理の相談をした際、具体的にどのようなことを聞かれるのでしょうか。

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
弁護士は、債務整理を受任した場合、まずどの債務整理手続きを選択するか、どのように手続きを進めていくかを検討します。

そのために必要な質問をしますので、依頼者の方にはそれに答えていただくということになります。

借金の金額と借り入れ先

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
債務整理の方針を決定する際にもっとも重要になるのは、やはり借金の金額です。

多少返済スケジュールを延長してもらえば返せるレベルなのか、それとも既に手がつけられないくらい借金が膨らんでしまっているのかなどによって、選択すべき債務整理の手続きが変わります。

また、どのような債権者から借金をしているのかということもポイントになります。

借金の減額や返済スケジュールの延長に応じてくれる可能性のある債権者なのか、そうでない債権者なのかによっても対応を変える必要があります。

闇瀬古
闇瀬古
相手が闇金で取り立てを止めたいんやったら、フツーに債務整理しても意味ないからな。闇金の対応方法については下の記事で解説してるで。
手持ち0円で闇金の督促を最短即日停止する方法

現在の月々の返済額と現在の収入

現在の月々の返済額と現在の収入
南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
月々の返済がどのくらい苦しいのか、またどのくらい返済負担を減らす必要があるのかということを判断するには、月々の返済額と現在の収入を比較する必要があります。

返済額と収入の比較をすることで、債務整理の目標を定めることができます。

借り入れを行った時期

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
民法には消滅時効という制度があり、返済もせず、請求もされないという状態が5年間続くと、借金を返す必要がなくなります。

金融機関からの借金であれば、消滅時効が完成する前に取立てが行われる可能性が高いですが、知人などからの借金については、実際に消滅時効が完成するケースもあります。

したがって、消滅時効の援用ができるかどうかを判断するために、借り入れを行った時期がいつかということを確認されます。

借り入れに関する契約書があれば、借り入れを行った日付がわかりますので、相談の際に持参すると良いでしょう。

借金をしてしまった理由

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
借金を作ってしまった理由もポイントのひとつになります。

これは依頼者に対して説教をしたり、怒ったりするために聞くのではありません。

債務整理のタイプの一つとして「自己破産」があります。
自己破産では、最終的に債務の全額が免責されることになるのですが、浪費や賭博などで借金を作ってしまった場合には、免責が認められない可能性があります。

もっとも、この場合であっても裁判所に対して免責の必要性をアピールすれば、裁判所の裁量で免責を認められることも多いです。
いずれにしても、借金を作ってしまった理由によって、債務整理を行う際の戦略が変わり得るため、弁護士に対しては正直に回答しましょう。

家族構成と、家族が借金についてどこまで知っているか

家族構成と、家族が借金についてどこまで知っているか
南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
債務整理のやり方によっては、家や車などの財産を処分されたりして、家族の生活への影響が出てしまう場合もあります。

また、家族が借金の連帯保証人になっている場合には、家族も合わせて債務整理を行う必要が出てきます。そのため、家族構成についての情報も重要になります。

なお、家族に対して借金を秘密にしていて、秘密のまま債務整理を進めてほしいという依頼者の方も一定数いるのが実情です。

こうした希望がある場合には、任意整理を選択するなどの方法が考えられますので、事前に弁護士か司法書士に伝えましょう。

赤字家さんば
赤字家さんば
任意整理は当人がやらかさん限りは誰にもバレへんで。誰にもバレんと借金を減らしたいんやったら任意整理がおすすめや!

どのようなやり方で債務整理をするかについての希望

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
弁護士は客観的な視点から、どのように債務整理を進めるかについてのアドバイスをしますが、一方で依頼者の希望を最大限尊重したいという考え方を持っています。

「お世話になった人からの借金なので何とか少しずつでも返済したい」という方や、「せっかく買ったマイホームを手元に残したい」という方など、依頼者の希望はさまざまです。

依頼者の方が納得できる形で借金問題を解決するため、希望があれば弁護士に具体的に伝えましょう。

弁護士・司法書士費用の支払い方法

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
借金の返済に精一杯で、弁護士・司法書士費用を支払う余裕がないという依頼者の方も多く存在します。

そのような場合、弁護士・司法書士から分割払いや、法テラスの立替払い制度の利用を提案することがあります。

弁護士や司法書士は、お金に余裕がない依頼者についてもぜひ手助けをしたいと考えているので、費用の支払いに不安がある場合には弁護士・司法書士に相談してみてください。

平栁司法書士事務所_借入減額チェッカー

どの債務整理手続きを選択すれば良いの?

どの債務整理手続きを選択すれば良いの?
南 陽輔弁護士によると、債務整理には大きく分けて①任意整理、②個人再生、③自己破産の3種類があるとのこと。

どの債務整理手続きを選択するかは依頼者の事情によるということでしたが、具体的にどのように債務整理手続きを選択すれば良いのでしょうか?

各手続きにはそれぞれメリットとデメリットがある

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
債務整理の手続きにはそれぞれメリットとデメリットがあり、一長一短です。

重要なポイントは、依頼者の抱えている問題を効果的に解決できる方法は何かを見極めることです。

弁護士に具体的な状況を伝えてアドバイスを受けるべき

とはいえ、自分だけではどの手続きを選択すれば良いのかを見極めるのは難しいです。

南 陽輔弁護士には、できるだけ具体的な情報を弁護士に提供することの重要性を説明していただきました。

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
債務整理の方針を立てるには、非常に多くの要素を考慮する必要があります。

弁護士は依頼者の方から、検討に必要な具体的な事情をできる限り引き出すよう努めますので、依頼者の方もそれに応えて、弁護士に対して心を開いて事情を話すことが重要です。

闇瀬古
闇瀬古
弁護士や司法書士の先生は我々債務者の味方やで。安心して相談したらええわ。

任意整理のメリット・デメリットは?

任意整理のメリット・デメリットは?
ここからは、3つの債務整理手続きのメリットとデメリットについて、南 陽輔弁護士にそれぞれ解説していただきました。

まずは任意整理について、任意整理とはどのような手続きなのでしょうか。

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
任意整理は、債権者と個別に交渉を行って、債務の減額や返済スケジュールの延長を認めてもらう方法です。

他の債務整理手続きとは異なり、裁判所が関与しないという特徴があります。

任意整理のメリット

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
任意整理のメリットは、裁判所が関与しないということもあり、手続きが簡単ということがあります。

面倒な書類の準備をする必要もありませんので、弁護士費用も比較的安く済みます。

また、任意整理の内容は債権者・債務者の合意によって自由に決めることができるというのもポイントです。

さらに家族や第三者に債務整理の事実を知られたくないという場合にも、任意整理を行うことが有効と南 陽輔弁護士は語ります。

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
任意整理は公的な手続きではないので、債権者・債務者間で内々に処理することができます。

もし家族に対して秘密のまま債務整理を行いたいという希望がある場合には、弁護士か司法書士が最大限配慮してくれるでしょう。

また、任意整理の事実は官報公告がされないので、よほどのきっかけがない限りは、第三者に発覚することもありません。

一つ心配な点として、債務整理をすると財産を処分されてしまうのではないかということが挙げらます。

任意整理の場合、この点はどうなのでしょうか?

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
任意整理の場合、債務者の財産を処分する必要はありません。

そのため、家や車など、生活のために必要な財産を残しておきたいという場合も、そのまま手元に残しておくことが可能です。

任意整理のデメリット

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
一方、任意整理のデメリットとしては、他の債務整理手続きに比べて、借金の減額幅が小さいということが挙げられます。

少し前であれば、任意整理と併せて「過払い金返還請求」をすることによって、借金の返済負担をゼロにしたり、場合によっては返し過ぎたお金が戻ってきたりということもありました。

しかし、最近は過払い金バブルも収束し、任意整理で借金が大きく減額されるということは少なくなっています。

また、任意整理はあくまでも個別の債権者との交渉なので、債権者がたくさんいるようなケースでは使いづらく、借金問題の抜本的解決には繋がりにくいという懸念もあります。

無料で任意整理について相談してみる!

個人再生のメリット・デメリットは?

個人再生のメリット・デメリットは?
個人再生は、一般の方にはあまり馴染みがない制度かもしれません。
具体的にどのような制度で、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
個人再生は、裁判所に申立てを行い、「個人再生手続」を通じて、債務の減額や返済スケジュールの延長を認めてもらう債務整理の方法です。

個人再生のメリット

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
個人再生のメリットとしては、まず借金を大きく減額してもらえる可能性がある点が挙げられます。

債務の総額がどのくらいかにもよりますが、最大で債務を10分の1に減額してもらうことが可能です。

また、個人再生手続には全債権者が強制参加となるため、個別の交渉を行うことなく、債務を抜本的に整理することができます。

個人再生が債務の抜本的な整理に有効だとしても、任意整理同様、債務者の財産が処分されてしまうかどうかは気になるところです。

南 陽輔弁護士によると、この点個人再生は任意整理に比べるとやや不利なようですが、自宅を手元に残したい場合には特別の制度があるといいます。

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
個人再生の場合にも、基本的には債務者の財産を処分する必要はありません。

しかし、担保権が設定された財産については例外で、手続きの外で処分されてしまうことになります。

ただし、住宅ローンが残っている自宅の土地と建物については「住宅資金特別条項」という特別のルールがあり、一定の条件の下で手元に残しておくことができます。
マイホームを所有している方にとっては、この点も個人再生のメリットといえるでしょう。

赤字家さんば
赤字家さんば
なんちゅう有難い制度やねん!自分で借りた金を減らして家まで守ってくれるんかいな。

個人再生のデメリット

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
一方、個人再生のデメリットとしては、安定した収入がなければ利用できないという点が挙げられます。

個人再生の場合、債務の全額免除は認められず、手続き終了後も一定の期間内に残りの債務を返済しなければなりません。

そのため、個人再生手続を利用するためは、手続き終了後も安定した収入が見込めることが要件となっています。

また南 陽輔弁護士は、個人再生は費用面での負担が大きくなる可能性があることを指摘しています。

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
任意整理や自己破産に比べて、個人再生は債権者との調整も必要であったり、手続きにかかる手間も大きかったりと、準備にかかるコストが大きくなりがちです。

そのため、弁護士への依頼費用も比較的高額になる傾向にあります。

また、個人再生手続の中で「再生委員」が選任される場合には、再生委員に対する報酬も負担する必要があり、さらに負担が増大します

さらに、任意整理は内々に処理することができるということでしたが、裁判所を巻き込んだ個人再生手続の場合には、なかなかそうはいきません。

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
個人再生手続を行うには裁判所に出頭する必要がありますし、債権者との調整や手続きの準備も含めて、準備が大掛かりになります。

また、たとえば車を所有していてローンが残っているような場合には、その車を引き上げられてしまいます。

もし家族に借金を秘密にしている場合であっても、個人再生を行うとなれば、秘密にし続けるというわけにはいかないでしょう。

なお、個人再生手続開始の事実は官報に公告されますので、官報を閲覧した第三者に発覚してしまう可能性もあります。

自己破産のメリット・デメリットは?

自己破産のメリット・デメリットは?
最後に「自己破産」について解説していただきました。

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
自己破産は、裁判所に申立てを行い、「破産手続」を通じて借金を全額免除してもらう債務整理の方法です。

自己破産のメリット

自己破産と聞くと、「人生が破滅するのではないか」などと嫌なイメージを持っているという方もいるかもしれません。

しかし、南 陽輔弁護士によるとこうしたイメージは間違いで、借金に苦しむ人にとっては、自己破産をすることのメリットは非常に大きいといいます。

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
自己破産をすると債務者の人生が破滅してしまうということは全くありません。

むしろ自己破産は、借金に苦しむ債務者を救済するための非常に強力な手段です。自己破産の最大のメリットは、債務の全額を免除してもらえるという点にあります。

債務の全額免除が認められるのは自己破産だけであり、まさに債務者にとって最後のセーフティネットといえるでしょう。

闇瀬古
闇瀬古
たしかX JAPANのToshiやカンニング竹山、与沢翼なんかも自己破産してるよな。

自己破産のデメリット

しかし、債務の全額免除を認めてもらうからには、それなりの代償を支払う必要があるでしょう。

南 陽輔弁護士は、自己破産をする際の注意点について以下のように語ってくれました。

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
自己破産は、債務者が今持っている財産を債権者に分配することと引き換えに、債務者を債務負担から解放するという趣旨の制度です。

そのため、破産手続開始の時点で債務者が所有している財産で価値のあるものは、一部の現金や生活必需品などを除いてすべて処分されてしまいます。

また、自己破産をする際には、自分の就いている仕事が「資格制限」の対象となっていないかを確認する必要があるといいます。

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
資格制限とは、破産手続が開始してから免責許可が確定するまでの間、一定の仕事に就くことができなくなることをいいます。

資格制限の対象となっている職業として代表的なものは、①弁護士や税理士などの士業、②公的な委員会の委員(教育委員会など)、③金融機関(銀行など)の役員、④警備員などです。

もし資格制限の対象となっている職業に現在就いているという場合には、事前に職場との調整を行う必要があるでしょう。

さらに、破産手続を行ったとしても、常に債務の免責が認められるというわけではないようです。

どのような場合に免責が認められないのでしょうか?

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
破産法には「免責不許可事由」が定められており、免責不許可事由に該当すると、借金の免責が認められないことがあります。

免責不許可事由の例としては、①財産を減少させる行為や財産を隠す行為があったこと、②破産手続に非協力的な行為があったこと、③浪費や賭博によって多額の債務を負担したこと、④一度破産免責を認められてから7年以内に再び自己破産したこと、などが挙げられます。

しかし、免責不許可事由に該当する場合であっても、裁判所の裁量によって免責が認められる可能性があります。

免責不許可事由がある場合には、裁判所に対して免責の必要性を効果的に訴える必要があります。

そのためには、弁護士のサポートを受けた方が良いでしょう。

赤字家さんば
赤字家さんば
借金の理由がギャンブルやからって諦めたらアカン!諦めたらそこで試合終了ですよ…?
闇瀬古
闇瀬古
いや、安西先生のモノマネ挟まんでええねん。

債務整理は弁護士か司法書士へ気軽に相談を

債務整理は弁護士か司法書士へ気軽に相談を
これまで債務整理について、南 陽輔弁護士に詳しく解説していただきました。

そのおかげで、債務整理についての知識をかなり得ることができましたが、一方で南 陽輔弁護士は実際に弁護士か司法書士へ相談することの重要性を語ります。

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
債務整理で一番重要なのは、債務者の具体的な状況に合わせて、適切なやり方で手続きを進めることです。

そのためには、弁護士や司法書士と実際に会って相談をすることをおすすめします。

無料法律相談を利用する

弁護士に相談するとなると、ハードルが高いようにも思いがちです。

しかし、最近では弁護士・司法書士の側で、依頼者が相談をしやすいように工夫をしているといいます。

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
最近では、依頼のきっかけとなる初回の法律相談を無料にしている弁護士・司法書士も増えてきました。

まずは緊張せずに、借金に関するお悩み相談をするくらいの気持ちで、弁護士・司法書士の無料法律相談を利用してみてください。

無料相談を受付けている弁護士・司法書士事務所10選を見る

面倒な手続きを代わりにやってくれるので安心

面倒な手続きを代わりにやってくれるので安心
実際に債務整理をするとなった場合、債権者との交渉や、裁判所での手続きなどを行う必要があります。

こうした場合にも、弁護士・司法書士に依頼をしておけば安心です。

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
たとえば任意整理の交渉を行う際に、借金を返さない張本人が直接債権者のところへ出向いていっても、門前払いにあってしまう可能性が高いでしょう。

しかし、弁護士が間に入って、客観的な立場から粘り強く交渉をすれば、任意整理が成功する確率は大きく上がります。

また、個人再生や自己破産をする際には、裁判所に提出する申し立て書類の作成や、実際の手続きの中での裁判所とのやりとりなどを行う必要があります。

これらの準備には手間がかかり、また法的な専門知識も必要となりますが、経験豊富な弁護士に任せておけば安心です。

取立てから解放され、精神的な安定が得られる

さらに、過酷な取立てに悩まされている方にとっても、弁護士に債務整理の相談をするメリットは大きいといいます。

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
弁護士が債務整理を受任すると、債権者に対して受任通知を発送します。

受任通知は、それ以降の借金に関するやり取りを、債務者自身ではなく弁護士を通じて行うよう、債権者に対して求める内容になっています。

債権者が受任通知を受け取って以降は、債務者である依頼者に対する取立ては止まりますので、依頼者は精神的な安定を得ることができます。

赤字家さんば
赤字家さんば
督促の電話が毎日掛かってきたら精神状態はドエライことになりまっせ。早めの相談が債務者を救うんや!

まとめ

まとめ_南 陽輔弁護士
債務整理について南 陽輔弁護士に詳しく解説していただきましたが、やはり借金問題は申告にならないうちに、早めに弁護士か司法書士へ相談することが得策のようです。

南 陽輔(弁護士)
南 陽輔(弁護士)
借金問題は、放置すればするほど借金の金額が膨れ上がってしまい、対処するにも大ごとになってしまいます。

弁護士か司法書士にご相談を頂ければ、早めに手を打つことで無理なく借金の負担を軽減し、生活を立て直せる可能性が高くなります。

借金に苦しんでいる方は、お一人だけで悩まずに、ぜひお気軽に弁護士か司法書士へご相談ください。

当サイトでは債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所を10社紹介しています。

どこに相談すればいいのか分からない場合は、以下の記事よりそれぞれの事務所を比較して相談先を決めると良いでしょう。

赤字家さんば
赤字家さんば
債務整理の相談先で評判がええとこは「平柳司法書士事務所」やな。相談料無料やから気軽に相談してみ!
平柳司法書士事務所の口コミ・評判を見る

\元借金持ちが厳選/
※相談だけなら1円もかかりません

この記事の目次に戻る

この記事の監修者
南 陽輔(大阪弁護士会)
南 陽輔(大阪弁護士会)
大阪大学法学部卒業、弁護士登録12年目(大阪弁護士会所属)。離婚、相続等の一般民事事件を主とし、刑事事件も含め幅広く取り扱っている。

\債務整理におすすめの弁護士・司法書士事務所選/

1.平柳司法書士事務所

平柳司法書士事務所_債務整理ページ
【全国的に人気の司法書士!!】

平柳司法書士事務所は債務整理と闇金対応を得意とした司法書士事務所です。
費用も業界最安値レベルで口コミ評判も高いのでオススメ!また、24時間365日無料相談を受け付けているので気軽に相談できます。

費用 《任意整理》
費用:一件あたり4万4,000円(税込)
《闇金対応》
費用:一件あたり4万4,000円(税込)
所在地 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5丁目21-6 山本ビル3F
営業時間 24時間365日無料相談受付

※LINEで相談可能です

 

2.司法書士エストリーガルオフィス

【1件から任意整理可能!!!】

司法書士エストリーガルオフィスは、たった1件からでも任意整理できる事務所です。
全国対応の無料ダイヤルやオンライン無料相談があり、気軽に相談することができます。

費用 《任意整理》
債権者2件まで:一件あたり3万3,000円(税込)
債権者3件以降:一件あたり2万2,000円(税込)
過払い成功報酬:22%(税込)
事務手数料:一律9万9,000円(税込)
所在地 〒116-0013 〒107-0052 東京都港区赤坂7-2-21 草月会館7階
営業時間 電話:9:30〜21:00(平日)
メール:24時間受付


3.アヴァンス法務事務所

【過払い金請求も対応!!】

アヴァンス法律事務所では認定司法書士が借金の悩みの対応をしています。
「実は払い過ぎていた」過払い金請求もしてくれるので、お金が戻ってくることも期待できます。また、任意整理の他に個人再生、自己破産も対応しています。

費用 《任意整理》
着手金:一件あたり4万4,000円(税込)
減額報酬:0円
※別途、事務手数料等が必要
《個人再生》
着手金:36万3,000円(税込)
※別途、予納金、申立印紙代等の実費が4万円程度
《自己破産》
着手金:22万円(税込)
成功報酬:7万7,000円(税込)
※別途、予納金、申立印紙代等の実費が4万円程度
所在地 〒541-0041 大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F
営業時間 電話:9:30〜21:00(平日)/9:30〜19:00(土日祝)
メール:24時間受付

 

おすすめの弁護士・司法書士事務所をもっと見る

毎月の返済額、借金の総額
減らしたいと思わへんか??
借金に困ってるんやったら
極秘情報を教えたるがな!!
close
赤字家さんば